伊坂幸太郎の「AX」をエビアンで読むという贅沢なひととき

伊坂幸太郎さんはとても好きな作家さん。

千葉県松戸市出身。東北大学法学部卒業。この時期の東北大学には、薬学研究科に瀬名秀明、文学研究科に佐藤賢一、理学部に松崎有理と円城塔など、現在小説家として活躍している人物が在学していた。大学卒業後、システムエンジニアとして働くかたわら文学賞に応募、2000年『オーデュボンの祈り』で第5回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。数年後に作家専業となった。宮城県仙台市在住。

2002年の『ラッシュライフ』で評論家に注目され始め、2003年の『重力ピエロ』で一般読者に広く認知されるようになった。それに続く『アヒルと鴨のコインロッカー』が第25回吉川英治文学新人賞を受賞。

本屋大賞においては第1回から第4回まで連続ノミネートされた後、2008年の第5回に『ゴールデンスランバー』で受賞した。同作品で第21回山本周五郎賞も受賞。なお直木賞については、2003年『重力ピエロ』、2004年『チルドレン』『グラスホッパー』、2005年『死神の精度』、2006年『砂漠』で候補となったが、2008年、同賞の影響力の高さゆえに環境が変化する可能性を憂慮し、選考対象となることを辞退している。(Wikipedia

ゴールデンスランバー 最高でした。

小説も映画も両方。

私の知り合いも、エキストラとして出演していたな…

さて、いつもの仙ぶら…

金港堂に立ち寄り、面白い本はないかとしばし物色。

金港堂は文庫本のコーナーにベスト10を表示してくれるからありがたい。

とりあえず、数冊手に取りパラパラと超斜め読み。

近くにはカミュのペストなんていう作品もあった。ご時世だね。

「伊坂幸太郎さんのサイン本あります。カウンターまで。」が目にとまる。

おっと、これは買わないわけにはいかないわ。

本の題名は「AX」、恐妻家の心優しき殺し屋の話。

同一主人公の短編集。2017年に第6回静岡書店大賞受賞とある。

中身は後でじっくりと。

すかさずカウンターに行き、

伊坂幸太郎さんのサイン本はありますか?

本を受け取り、向かった先はいつものエビアン。

店員さんにいつものマンデリンを注文し、早速本を確かめる。

中表紙に伊坂幸太郎さんのサインと印がありました。うれしいね。

へぇ~、こんなサインなんだ。いいねぇ。と感心しているとマンデリンが到着。

ここのマンデリンは本当に美味しい。

自分が苦手の酸味が程よく抑えられていて、苦味とのバランスが絶妙。

深いコクが楽しめる。

香りもね。

飲む前には何度か香りだけを楽しむのが自分流。今日も素晴らしい。

店の雰囲気もね。

昭和のレトロ感満載、タイムスリップしたかのような雰囲気。

心地いいや。

マンデリンをお代わり、いつも2杯が私の定番。

素敵な小説を素敵な喫茶店で読む。

幸せなひととき。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが検出されました。
ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、intelligence-console.comドメインをホワイトリストに追加し、「Refresh」をクリックしてください。

あなたが広告をブロックする権利と自由があるように、当方にも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock