【DIY】2台目となるダストボックスを作ってもらった! デザインと機能に改めて感心!

私がいつもお世話になっている知り合いに、旦那が作ったダストボックスを見せたところ、いたく気に入って「ぜひ家にもほしい」と言われました。

日頃の恩返しではありませんが、ぜひプレゼントしたく、旦那に相談しました。

 

ダストボックスを作って欲しいんだけど…

誰かにあげるの?

 

うん、いつもお世話になっている○○さんへ

喜んで!仕事与えてもらって嬉しい!

 

作業開始から組み付けまで

旦那が最も好きな作業、それは木材の切り出しとビス打ち、大嫌いなのが塗装です。

ホームセンターから1×4材を20本買って、軽トラで運んできました。

もう、すでに嬉しそうです (๑˙❥˙๑)

 

ダストボックスは下の記事で紹介した物(と言うか、それしか作れない)の、高さを板一枚分低くしたタイプ。

【DIY】旦那には超大作 ダストボックスを作ってもらった 想像以上の出来に大満足です!

 

旦那は満面の笑みで丸鋸を操り、

どの材料も同じ長さに切れるようになったぞ!見てっ!

 

やっぱり上達するもんですねぇ~、ほぼピッタリと組付けが完了しました。

厚さ19mmの板同士のため、32mmのコーススレッド(対サビ強化タイプ)を使用しました。

もちろん、皿取りと下穴処理は丁寧に行いました。

切り出しから組み付けまで、3時間ほどで終了、プレーンでもなかなか素敵です。

このデザインセンスは、流石だと思います。

現場監督の猫も感心しています。

なかなかうみゃくなったにょ~

 

 

塗装から完成へ

さて、翌週、旦那が一番嫌いな作業、塗装に入ります。

先日カインズに行ったときに買ったステイン塗料(ウォルナット)の発色が悪いため、下塗りとして使いました。

 

困ったことに、土気色が強すぎ艶もありません。

重い天板の開け締めには、ダンパーの設置が必須です。

下の写真で色の違いが分かります。

ニッペの水性木部保護塗料(ウォルナット)のツヤ感が素敵です。

塗装のムラも雰囲気を高める重要な要素だと思います。

 

 

ウエスタン調の蝶番とハンドルを付け、完成です。

45Lのゴミ袋が2つ余裕で入りますし、板の隙間にフックを付ければガムテープなどを掛けておくことができ、機能性も十分です。

 

デザイン最高、惚れ惚れしますね!

蝶番の固定には、天板と支え板の高さを慎重に決めることが重要です。

ちなみに、材料費は木材、金具、塗料など合わせて10,000円ほどでした。

 

完成したよ!今回も満足できる仕上がりになった!

ありがとう!○○さんもきっと喜ぶよ!

 

 

喜んでもらえて何より

次の日、早速○○さんの家に持っていきました。

 

こりゃすごい! 高さもちょうどいい! ほんとありがたいわ!

しかし、上手に作るもんだねぇ。

喜んでもらえて、私も鼻高々です。

 

でも、一番嬉しいのは旦那が言う大好きなセリフ、

よっしゃ~、今日も生きた!!

を聞けたことです (๑˙❥˙๑)

 


Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。


ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、intelligence-console.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。

 

あなたが広告をブロックする権利と自由があるように、当方にも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。