【DIY】ワンバイ材でエアコンの室外機カバーを作りました

毎週DIYしている旦那

私がリクエストしていた室外機のカバーをいよいよ制作です。

以下、旦那談ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

金曜日、仕事の帰りにホームセンターに立ち寄り、木材を購入、そしてカットサービスを利用して材料を揃えました。

  • 1×4 6F(W89×D19×H1820) :10本
  • 1×4 8F(W89×D19×H2438) :2本
  • 2×4 6F(W89×D38×H1820) :1本

簡単な設計図は下のとおり

室外機カバーの他に作る物も決まっていたので、併せて購入です。

  • 1×4 878mm が4枚
  • 1×4 840mm が9枚
  • 1×4 318mm が10枚
  • 造作用ビス 30mmと50mm

ちなみに、カットサービスは1,500円でした。

準備が楽しい

制作にあたって、ツールを揃えるのがとにかく楽しいのです。

ツールを揃えてくれた妻に感謝!

インパクトレンチ、マルチツール、電動ドライバー、ゴムボーイ(ノコ)、その他を用意します。

舌穴あけに2mmの錐を買いましたが、しなりが大きくてちょっと失敗でした。

まずはバリ取り

マルチツールのサンディングで材料全てのバリを取ります。

サンディングペーパーは、今回180番を使用しました。

このような目的には、マルチツールが本当に便利です。

きれいに面取りができました。

設計図に基づいて組み立て開始

ほとんどの箇所で、30mmのビスを使っています。

未塗装のままでは虫食いや腐りが生じてしまうので、塗装は絶対に必要です。

我が家では妻の強いリクエストで「ウォルナット」に統一しています。

1時間ほどで乾燥するのも助かります。

2度塗りをして色味を強く出すとともに、耐久性を上げています。

水性でも撥水性が強い塗料もあるようなので、今度試してみたいと思います。

皿取り錐で穴の加工をすれば更に良かったもしれません。

下の写真のとおり、ぴったりのカバーが出来上がりました。

室外機の前方はあえて開放し、風の通りを一番に考えた仕様にしました。

室外機の上方ににスペースがあるのは、プランターなどを置く台としての高さを優先させたためです。

ワンバイ材は入手しやすいことや、厚みが19mmなのでとても扱いやすく強度がある程度あることから、大変優れた素材だと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

見てびっくり!

外に置くのがもったいないほどの出来です!

旦那に感謝です!