犬様の白内障対策(ピレノキシン点眼剤)

我が家の犬様は11歳。まだまだ元気ではありますが、最近ちょっと気になることが…

瞳がなんだか白っぽくなってきたので、かかりつけの動物病院に行ってきました。

病院の先生は

「う~ん、ちょっと白くなってきたなぁ」

「目薬を出すけど、効いても進行を遅らせる程度だよ」

「日常生活に支障が出なければ大丈夫」

処方された目薬はピレノキシンという成分が入っている犬の白内障用の目薬。オレンジ色の薬剤で1日3~5回の点眼です。

市販のものであれば、以下の製品になりますね。

 

薬の特性上、白内障の進行をを遅らせるとのことなので、白くなったのを元通りにすることはできませんが、気になったころの白さを維持しているようです。つまり、進行は抑えられている模様です。

お世話になっている獣医さんは、犬様を連れてこなくても処方してくださいますので、一度に2本ほどもらってきます。

旦那様は、「俺たちを目に焼き付けておいてくれよ」と犬様に語りかけています。できるだけ、進行を遅らせてあげたい、と切に願います。