【Dior】Fahrenheit(ファーレンハイト)EDT[オードトワレ]

旦那様にプレゼント!

私は以前からユニセックスな香りが大好き。今回は旦那様にプレゼントした香水(オードトワレ)を紹介します。第4弾!

オードトワレ(EDT)

香料の濃度=5〜10%

持続時間=2〜5時間

普段遣いに適している。濃度がさらに低いものはオーデコロンと呼ばれる。

今回は、Diorの『Fahrenheit』(ファーレンハイト)100ml ¥12,000(税抜)

Chirstian Dior(クリチャン・ディオール)は、1946年にフランスで誕生したファッションブランド

フレグランス クリエイターのフランソワ ドゥマシー 氏によるとFahrenheitは…
創造性、卓越、個性。男性的でありながら繊細な、ファーレンハイトのたぐいまれなシグネチャー。自由を愛する男性のための香りです。

さすがDiorの香水、Fahrenheitも時間がたつに連れて様々な匂いの変化が楽しめます。

香りの変化
  • トップノート:ベルガモット・ラベンダー・レモン・キンモクセイ・マンダリン
  • ミドルノート:ジャスミン・スズラン・シダーウッド・サンダルウッド・バイオレット
  • ラストノート:アンバー・パチュリ・レザー・ムスク

男性用香水の金字塔とも評される「Fahrenheit」。

まず、素敵なボトルに見とれてしまいます。黒とオレンジのグラデーションが大人の色気を感じさせてくれます。

ファーレンハイトとは温度の単位である華氏(℉)のこと。日本では摂氏(℃)を使っていますが、海外では華氏を採用している国が多いのです。摂氏は水の融点と沸点の間を100等分して表すのに対して、華氏は人間の基本的な体温を100としてあらわしたもの。ちなみに摂氏0℃は華氏では32℉、摂氏100℃は華氏では212℉となります。

私的レビュー
香りですが、まず柑橘系から立ち上がります。このトップノートが結構きつめで、瓜っぽい香りが鼻につく感じがします。このトップノートのせいで、「俺には合わない」としてしまう人が多いかもしれません。しかし、トップノートはすぐに飛びます。ちょっとだけ我慢してみましょう。

 

ミドルノートからは、フローラル系のほのかな甘さの中に重厚感あるシダーウッドが顔を見せます。

 

ラストノートでは、レザーやムスクがセクシーさを演出、こういったところでしょうか。

 

基本的に香調はウッディーで、とても複雑な香りが混在しています。20から30代でこの香りをまとうのは難しいかと。40代であっても背伸びしている感があるかな。50代の紳士、ダンディなアイテムをビシッと決めている人でないと難しいかも。それだけ、格調高い香りであり、人を選ぶ香水だと思います。人格を兼ね備え、経験も豊富な、仕事のできる人にぜひつけてもらいたい香りです。

 

私が思うに、女性向けではない香りです。ユニセックス系の香りが好きな私でも、これは無理です。まさに男性的な香りです。

 

香りの強度と持続時間は強く長いです。1プッシュが基本です。

香りの評価
スイート
(3.0)
フレッシュ
(3.0)
セクシー
(4.5)
スパイシー
(2.0)
香りの強さ
(5.0)
総合評価
(4.0)