【我が家の調味料】聘珍樓(へいちんろう)シリーズが美味い

自宅でお手軽中華を作る時、有名なのは味の素の「Cook Do」ですね。

スーパーに行くと、食欲をそそる料理名のパッケージがたくさん並んでいます。

「Cook Do」も確かに美味しいけれど、我が家では、聘珍樓の「聘珍茶寮」シリーズがお気に入り。

聘珍樓は横浜中華街にある老舗中華料理店です。

参考 聘珍樓Wikipedia

仙ぶらに行くと、帰りに必ず「明治屋」に立ち寄ってお買い物。

明治屋は、商品の品質と、全国各地から取り寄せたこだわりのある商品が買える、全国的に有名なスーパーです。

お値段は少々お高いですが、野菜やお肉の品質は群を抜いていると思います。

レジの対応も丁寧で、紙袋を二重にしてくれたり、ビン類にはクッション材を巻いてくれたりと、おもてなしの心が感じられて、豊かな気持ちで買い物ができます。

さて、明治屋では、聘珍樓の商品がたくさん置いてあります。中華まん、餃子、シュウマイなどのチルド類も豊富です。

中でも下の商品がオススメです。

みんな大好き「青椒肉絲」

「Cook Do」に比べて、甘みのあるまろやかなお味。もやしや玉ねぎを入れるのが変わっていますが、シャキシャキ感があって、これまでにない食感を楽しめます。

(私が知っている青椒肉絲は、お肉とピーマンとたけのこを入れるのだと思っていました)

みんな大好き「古老肉」

豚肉と野菜の甘酢煮、いわゆる酢豚ですね。レシピ通りですと、定番のたけのこやしいたけは入れません。こちらも、中華料理店で食べる本格的な味が楽しめます。ケチャップ味だけが強いのではなく、他の調味料がコクを醸し出してくれます。

みんな大好き「干焼蝦仁」

エビのチリソース炒め、いわゆるエビチリです。蝦油(シャーユ)が絶妙に効いているのでしょう、こちらもお店クオリティです。我が家では、エビの代わりにイカでも美味しくいただいています。

みんな大好き「回鍋肉」

豚肉とキャベツの味噌炒め。今回紹介した4つの中で、最も「美味い!」と思います。市販中華合わせ調味料の”味のきつさ”がなく、まろやかな味噌の味にご飯がすすみます。このシリーズを試してみようかなと思ったら、まずは、この回鍋肉を食してみることをおすすめします。

明治屋では、他にもご当地グルメが沢山置いてあるので、興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。