【犬のトイレ】猫ニモマケズ?

猫の習性がもたらす悲劇

我が家の犬さまはミニチュアダックス。胴が長いので、トイレは最初からワイドサイズです。

12歳を超え、トイレを失敗することが若干増えてきました。

それに、困ったことに、猫さまがペットシーツをガリガリとほっくり返そうと(エアー砂かけ)するので、ある程度強力に固定しなければなりません。猫の習性で、臭いものには蓋をしろ、とシーツをガリガリ。ペットシーツがめくり上がったところに、犬さまが用を足して、大変なことになったことがこれまで何度も。

講じた対策も…

めくれ防止に、シーツ上面にメッシュ状のカバーを付けるタイプも売られていますが、排泄物がこびりついたり、その都度洗わなければならないなど、かなり面倒です。

ちなみに、ペットシーツの大きさは3種類あります。(メーカーによって若干の差があります)

  • レギュラー:45×33.5
  • ワイド:60×45
  • スーパーワイド(ダブルワイド):90×60

我が家では、犬さまのトイレには本当に苦労しました。尿で濡れたところを拭くために大量のティッシュを使いましたし、最悪なのは、近くにあるカーテンが尿を吸ってしまって、悪臭を放つことも。今年の夏は、すべてのカーテンをコインランドリーで洗うまでになりました。

最近まで、ワイドタイプのペットシーツを市販のトレーで固定して使っていたのですが、猫さまがほっくり返すので、シーツを押さえる箇所にゴムを貼ってみたり、シーツを2重にして圧着度を高めてみたりと工夫したのですが、猫さまのツメにはかなう筈もなく、結果、シーツがめくれ、犬さまはそんな状態のトイレで用を足す事を嫌い、失敗、となるのでした。

たどり着いた解決法とは

次の3つを使う方法。

  1. ペットアンダートレー(90×60用)
  2. ペットシーツ(スーパーワイド)
  3. 養生テープ

 

アンダートレー内にペットシーツがピッタリと収まり、それを養生テープで固定します。この固定することがとても重要。養生テープなので、ある程度の粘着力と剥がれ易さによって、期待通りの役割を果たしてくれます。

猫さまもこれでシーツを掘っくり返すことができなくなりました。

そして、犬さまには広々としたトイレを与えることができました。犬さまも大満足です。

でもね、最近の猫さま、トイレまでついて行ってちょっかいかけるもんだから、トイレの失敗は0にはならないのでした。残念!!!

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。