神田広美さんの「人見知り」は昭和の名曲 切なくて情熱的で…

こんな記事です
新型コロナウイルス感染拡大防止のための非常事態宣言中。雨のため趣味の洗車もできず、しかたなく、昔懐かしの曲を聞いていた旦那。中でも特に感動したという曲について書いています。

生まれて始めて見た歌手

神田広美さんは1977年1月にポリドール・レコードからデビューした歌手。

1956年11月3日生、大阪府岸和田市出身。日本テレビのオーディション番組「スター誕生!」で優勝しポリドール・レコードから「人見知り」でデビュー。その後作詞家に転向し、山口百恵、伊藤銀次、荻野目洋子などに作品を提供。(Wikipedia

この曲の思い出

1977年(S52年)、ラジオの公開収録だと記憶しているが、近所にある公民館近くの駐車場に歌手が来るとの知らせがあった。

片田舎に住む田舎者の私は色めき立ち、会場に向かった。

そこにいたのはデビューしたての神田広美さんだった。

それまで見たことがないくらい可愛らしく、歌声が美しかった。

素直に感動した。別世界の人だと。

曲はデビュー曲の「人見知り」

もう逢えない男性との朝の別れを寂しく描いている。

作詞は当時最も勢いのあった松本 隆さん、作曲はキャンディーズなどの楽曲を手掛けた穂口雄右さん。後の旦那さんである。デビュー曲のレコーディングの際に、互いに通じ合うものがあったそうだ。

この曲が素晴らしい。切なくて情熱的で、兎にも角にも曲が素晴らしい。メジャーな曲調の中、サビが一瞬マイナー展開して切なさを感じさせる。

当時はそんなことは分からなかったのだが、すぐにレコードを注文した。そして何度も聞いた。

オリコン最高43位、売上5万枚。

同行していたマネージャーが「これからたくさんテレビに出ます。応援お願いします!」と言っていたのが忘れられない。

Youtubeでご覧ください

当時から、ジャケット写真、どうにかならなかったのか?と残念に思った。

実際はとても可愛かったのに!

ひとおもいに泣けたらいいですね ひとおもいに死ねたらいいですね
不幸な娘の影は 薄いと教えたあなた 舗道にのびた サヨナラの影
私はもとの人見知り

ひとおもいに泣けたらいいですね ひとおもいに死ねたらいいですね
不幸な娘の影は 長いとつぶやくあなた 愛することが ぶきっちょだから
私はもとの人見知り

不幸な娘がおとす 涙にゆれてたあなた ビルの谷間に 消えたくつおと
私はもとの人見知り(一部抜粋)