【個人的感想】NetCommons3の使い勝手について

このブログは「WordPress」で書かれています。ブログ作成のスタンダードとも言えるシステム。

自動バージョンアップができたり、動作も比較的軽くて編集の使い勝手もベリーグッド。

慣れちゃえば、私でもサクサクっと編集できます。

先日、旦那さまがネットなんとかをテスト運用しようとしていて、頭をかきむしっていたので、これは面白いということで記事にさせてもらいました。

旦那さまが試していたのは、NetCommonsというシステムでした。

以下旦那さまより…


NetCommons とは,国立情報学研究所(NII)が開発している次世代情報共有基盤システム。

WordPressと同じCMS(コンテンツマネジメントシステム)で,主に教育機関で使われているようです。

なにか使い勝手のいいCMSはないだろうかと、とりあえず、レンタルサーバー上で運用していました。

でもね、このNetCommons3…

  1. 動作が遅い
  2. インストールやバージョンアップにてこずる

私の環境だけかもしれませんが、ワードプレスと比較すると雲泥の差です。

また、バージョンアップがうまくいかない。

洗練されていないというか、突き放され感が大きいというか、パソコンがちょっと分かる程度の人は、運用はまず無理だと思われます。

今回、3.2.1から3.2.2にバージョンアップしようとしたら、「内部エラー」が出て、どうしてもバージョンアップができなかった。

当方のサーバーはPHP7.3.4の運用に切り替えたばかり。

とりあえず、app/tmp/logs/error.log を確認してみると、

Error: Cannot use ‘object’ as class name as it is reserved in *** line **

ネットで調べてみると、どうやら、“Object” という名前が PHP の予約語と衝突している模様。

app/Plugin/Migrations/Lib/CakeMigration.php というコード上で原因があるようなので、このコードを

class CakeMigration extends Object { から class CakeMigration extends CakeObject {

というように CakeObject と変更したら、問題なくインストール作業を終えることができました。

今回はなんとかなりましたが、エラーが出ても、それを解決する情報が少ないです。

無事にアップデートできたと思ったら、今度は、ログインして何らかの操作すると、ログオフ状態で画面が返ってくる。

ブラウザをリロードしてもだめで、ブラウザを再起動させるとログオン状態になっていたりと、とても不安定。

仕方なく、サーバーの機能を使って前バージョンに復元しました。

前に使っていたNetCommons2は動作が比較的軽くてよかった。

作成したモジュールのコピーや移動も簡単だった。

エディタで編集した文字の文字化けなど、癖があるにはあったけど。

しかし、残念なことにNetCommons2はPHP7.3上では動かないのです。

2から3への移行ツールがあったけど、再現性が低くエラーもあったりで、私の環境では使えませんでしたt。

以上、少々残念な体験記でありました。


と、私には何を言っているのかさっぱりではありますが、ツールには相性があるもの。

たぶん、私はPC、そしてWordPressの機能の100分の1も使えていません。

お気に入りのツールをとことん使いこなせるようになりたいものです。