香水の種類を調べてみた(超簡略版)

前に、香水の記事を書きました。

【Dior】Higher(ハイヤー) EDT[オードトワレ] 【Dior】HOMME SPORT(オムスポーツ)EDT[オードトワレ] 【Dior】SAUVAGE(ソバージュ)EDT[オードトワレ]

せっかくなので、香水の種類などを調べてみました。普段何気なく使っているものが意外に奥深いことに驚きます。

香水の名称と持続時間の目安(メーカーによって異なります)

カテゴリーフランス語エタノール濃度持続時間
Parfum(P)パルファム15~30%5~12時間
Eau de Parfum(EDP)オードパルファン10~15%5~12時間
Eau de Toilette(EDT)オードトワレ5~10%2~5時間
Eau de Cologne(EDC)オーデコロン1~5%1~2時間

※「オーデ」とは水の意味なので、オーデと付いていれば、濃度が薄いということを示している。

香水の匂いは変化する(メーカーによって異なります)

香りの段階は次の3つに分かれています。各段階はグラデーションのように徐々に香りが変化します。

  • トップノート:香水の第一印象、爽やかではっきりとした香り、~10分
  • ミドルノート:香水の個性やテーマ(別名ハートノート)、~3時間
  • ラストノート:香水の余韻

香水は肘の内側につけるのがいいらしい

普段は、手首にシュッと1~2プッシュしてます。

手首は服とこすれあうことが多く、香りが速く消えてしまうのだそう。

肘の内側は温度が高いので、香りが効率よく放散されるのだそうです。知らなかった~。

そして、香水をつける時間はターゲットとする時刻の30分前がいいとのこと。

ちょうど、トップノートから香水の主役的香りともいえるミドルノートが香り出すころ、なるほどねぇ。

だいたい、記事を書くまで3種類の段階があるなんて知らなかったものですから、これからは、時と場所に狙いを定めてシュッとすることにいたしましょう。