やはり慎重さと謙虚さが必要 相手の実力を見くびることなかれ

衝撃の「炎の七番勝負」

AbemaTVの将棋チャンネルで何度も再放送をしています。

炎の七番勝負
2017年、藤井聡太 六段が四段当時にAbemaTVが企画した非公式戦七番勝負。トップ棋士7人に戦いを挑み、天才の片鱗を示した。

  • 第一局 増田康宏四段 先手 95手 勝ち
  • 第二局 永瀬拓矢六段 先手 114手 負け
  • 第三局 斎藤慎太郎六段 先手 91手 勝ち
  • 第四局 中村太地六段 先手 117手 勝ち
  • 第五局 深浦康市九段 後手 122手 勝ち
  • 第六局 佐藤康光九段 先手 95手 勝ち
  • 第七局 羽生善治三冠 先手 111手 勝ち

さて、本題

この中で、対局前のある棋士さんが

「A級棋士との距離感を感じてほしい」

と言っていました。

この言葉の真相は分かりませんが、私はその棋士さんが自身満々で、まさか自分が負けるとは思っていなかったのだと感じました。藤井君はまあ強いけれど、私のようなレベルの高い棋士にはまだまだ敵わない、と私には聞こえました。

しかし、残念ながら敗戦。勝負には万が一がありますから、言葉には気を付けないといけないと、つくづく考えさせられたのです。

家でも仕事でも、気をつけているのは次のこと。

  • 軽口叩いて恥をかくな
  • 信頼を築くのは長い時間がかかるが、信頼を失うのは一瞬

「ああ、なんで余計なこと言ったんだろう!」

と悩むこと、ありますよね。それも何回も!

その発言が自分の発言や行動を著しく制限することになる、俗にいう自分の首を絞めることって多くないですか?

やっぱり、慎重さと謙虚さが必要なのかな、と思った次第であります。