【腕時計】新たな仲間が加わった…前から欲しかったブルー/ローズゴールド

我が家の新顔は

まずは、我が家のロレックス3兄弟の姿。

ロレックスも特にスポーツモデルの希少性が高まっており、正規店ではほぼ見ることが出来ない状況が続いている。

正規店にはスポロレのモックアップが置かれているのには驚いた!

本当に入手困難なのだと実感した。

さて、もう1枚の写真、新顔が登場。

右側にある時計、もちろんロレックスではありません。

SEIKO PULSARというブランドの時計。

WRC RALLY ラリー クロノグラフ ブルー/ローズゴールドPU 2082X1

日本未発売、セイコー欧米向け戦略ブランドPULSAR WRC世界ラリー選手権モデル

 

風防素材:ミネラルガラス
留め金:タングバックル
ケース素材:ステンレス鋼
ケース直径・幅:45 mm
ケース厚:13mm
バンド素材:本革
バンド幅:19 mm
バンドカラー:ブルー
文字盤カラー:ブルー
ベゼル機能:タキメーターベゼル
カレンダー機能:デイト
その他 機能:クロノグラフ, 夜光インデックス
ムーブメント:日本製クォーツ
耐水圧:100 m

ケース直径44ミリのディープと比べても、かなり大きく見える。

クロノオフショア

実は、一時期EDOXのクロノオフショアが気に入って、購入寸前まで動いたことがある。


画像:EDOX

こんな雰囲気の時計がほしいな、と以前から考えていた。

セイコー パルサー

そこに現れたのがPU 2082X1。

色味は私好みで、ピンクゴールドとブルーの色合いがたまらない。

デザインは違うのだが、なんと言うか雰囲気が似ているような気がするのだ。

革ベルトのデザインと質感はかなり上質だ。

ベルトは上下分離式なのだが、同じローズゴールド色のDバックルアダプターを購入した。

これは、両側の突起部分を押すとロックが外れるタイプ。

力技でロックを外すタイプもあり、私は今回のタイプがいいと思う。

これによって、トータルバランスのレベルが一段階高くなった。

ロレックスとの比較

ロレックスのエバーローズゴールドと比べるとイエローゴールドに近い感じがする。

ヨット(116621)のエバーローズゴールドは上品で華麗なこと、この上なし。

ロレックスの場合はメッキは一切使わないのだが、パルサーはメッキとなる。

2万円程度で買える時計、仕方あるまい。

ロレックスと比べるのは酷かもしれないが、コスパは非常に優れているかっこいい時計だ。

これから、様々な場面で愛用していきたい。