【ROLEX】ロレックスの3つの箱を比べてみた[サブマリーナデイト・ディープシー・ヨットマスター]

ロレックスは種類によって箱の大きさが異なります。

今回は、『箱』について詳しく見てみます。

旦那さまの「貴重な」箱であります。

箱といえども、傷つけちゃだめだよ

とクギを刺されました!

外箱の比較

【サブマリーナー デイト 116610LN】

 

【ディープシー 116660】

 

【ヨットマスター 116621】

  • ロレックスのロゴや箱の色がそれぞれ違う。
  • サブは通常の外箱だが、ディプとヨットは前面が開き、内側にロレックスのロゴが印刷されている。

内箱の比較

【サブマリーナー デイト 116610LN】

 

【ディープシー 116660】

 

【ヨットマスター 116621】

箱の大きさ
  • サブマリーナー:114×152×78
  • ディープシー :152×202×88
  • ヨットマスター:128×178×78

※実測値 単位:mm 縦×横×高さ

 

  • サブとディプには、中に収めた時計に被せる布が付属している。
  • ディプに被せる布は、厚みがあって、クッション性が高い。
  • ヨットには上記のような布は付属していないが、上蓋内部自体が時計を保護するようになっている。

色の比較

箱の色も、はっきりと違います。

ヨットの箱は明らかに青みが強いです。

「ロレックスグリーン」のイメージとして、一番しっくりくるのはサブの箱です。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。