【美味しい焼き菓子】kazunori ikeda idivniduel

恒例の、仙ブラに行ってきました。

この日のトピックは、一番町にある洋菓子店

「kazunori ikeda idivniduel」

レモンケーキ(250円)とフルーツケーキ(290円)がほんと美味しい!

レモンケーキはこれまで食べたどれよりも味が濃くてしっとり。

フルーツケーキも、中に入っているフルーツが一つ一つしっかり主張しています。

次は、小さな焼き菓子の詰め合わせ。3,000円ほどです。

こういうの、普通のケーキ屋さんでは、あまり見かけません。(仙台だから、こういうので商売できるのかも)

お洒落でかわいい、そしてきれい!

これも、毎回リピです。

この日は左下にあるケーキを試食できました。

一緒に食べた旦那さま、「なにこれ、甘酸っぱくて美味いね」

「でしょう、全部美味しいんだから!」

一つ一つのケーキが、それぞれ個性を持っていて満足感が半端ありません。

そして、プリン。

プリンというか、濃厚なクリームを食べている錯覚にとらわれます。

下にあるカラメルはサラサラで、甘さ控えめなあっさりなソースとなっています。

バランスがとてもいいと感心しました。

甘いものをあまり食べない旦那さまも、「こりゃ5つ星だわ!」と申しておりました。

ここのパティシエ、すごいわ!

このお店、店内はすごく狭くてお客さんが3組ほど入れば身動きがとれないほど。

「外でお待ち下さい」と、入店制限がありますよ!


こちらは、この日の旦那さまの昼食。

仙台の一番町にある 泰陽楼 東一支店 さん。

五目中華飯と鶏のから揚げ(ハーフ)を食べてきました。

旦那さまは中華飯が大好物で王将の中華飯がお気に入り。でも、新規開拓ということで、この日立ち寄った宝石商の方がおすすめのこの店に行きました。

いかにも老舗という佇まいの店内。ちょっと暗めの照明がいい感じ。

おそらく中国の方であろう女性が注文を取りに来てくださった。

「五目中華飯と鶏の唐揚げをください」

「唐揚げはハーフねっ。5個。それでいい?」

「それでお願いします」

唐揚げを見てびっくり、一つ一つが大きい!ハーフでよかった!

さて、中華飯は塩ダレが効いた醤油味で、ラードの香ばしさが、これぞ中華という旨さを引き出しています。

ご飯がもう少し多いと良かったな。

男性は大盛りを頼んだほうが無難です。

さて、唐揚げ。

レモンを絞っていたら、先程の女性が

「いま紙、持ってくるね!」と、ティッシュを2枚だけ持ってきてくれました。

おしぼりはないのかな?

もも肉の大きい唐揚げは、カリカリで食べごたえ十分。

ちょっとお肉が硬かったのが残念でしたね。顎が疲れた~。

醤油、にんにくが主張しすぎない、ほんわり系のお味でした。美味しかったです。