【星乃珈琲店】生チョコレートのスフレパンケーキと…

今日も仙ぶら。今日の目的は「星乃珈琲店」で美味しいパンケーキを食べることと、化粧品を買うこと。

いつものとおり、仙台に到着するなり、旦那さまとは別行動開始!

旦那さまの「仙ぶら」記は、下の方に書いています。

生チョコレートのスフレパンケーキ

今日のねらいは「生チョコレートのスフレパンケーキ」。迷いはありません。

「注文を受けてからお作りしますので、20分程お時間をいただきます」

暫し待つと、来ました、来ましたよ~!

 

このビジュアルに、クラクラします。

テリのある美味しそうなチョコレートがふんだんに使われています。柔らかなスフレ生地の上にはチョコアイスとクリームがトッピングされています。

このスフレ生地がふかふかで、優しい口当たり。それに、コクのある甘いチョコソースが合う。もう最高です!箸ならぬフォークが進みます。もう、バクバクです。

食べ終わっての感想…

「ダブルだったなぁ~」

ダブルで注文しなかったことを、とても後悔しました。120円しか違わないので、絶対ダブルを注文するべきです。

星乃珈琲店

運営会社は株式会社ドトール・日レスホールディングス。

同じ傘下のドトールよりも商品の価格がはるかに高い。

  • コーヒーは1杯1杯ハンドドリップで抽出する本格派。
  • 内装が豪華で広くゆっくり落ちつける。
  • フードメニューが本格的で、セルフサービスのお店にはない魅力あり。

いざ献血!

さて、ここからは旦那さま編。旦那さまには2つのミッションがありまして、その一つが献血。献血は3ヶ月以上の間隔が必要で、つい先日「献血可能ですよ!」メールが届いていました。

「よし、また献血するぞ!」

と楽しみにしていたのです。別行動となった旦那さまは、一目散に献血ルームに向かったのでした。私は大の注射嫌いですが、旦那さまは正反対。

「血液検査もできるから、お得なのさ!」

悪い結果が出なきゃいいけどねぇ。

さて、この日は10時ちょっとすぎに行ったのに、待合室はたくさんの人がいました。素晴らしいお考えをおもちの方々が多いことに嬉しくなりました。

問診や事前検査でも随分と待たされ、採血が始まったのは11時ちょうど。看護師のお姉さんに「今日はずいぶんと混んでいますね」と話したら、「土・日・祝祭日は忙しいです。でも、平日はとても少ないんです」なのだそう。

事前予約の人も多く、そちらが優先されるので、余計に時間がかかります。採血(今回の針は痛かった!)は10分ほどで終了し、丁寧な説明の後、休憩室で記念品と無料ドリンク、そしてアイスクリームのサービス。次回可能日は1月の下旬です。

今度はネットで事前予約をしてから訪問することにしよう。

やよい軒のチキン南蛮定食

献血を終えた旦那さまは、この日2つ目の目的の「やよい軒での昼食」に向かいました。ネットで調べてみると、どうやら「チキン南蛮」が美味しいとのこと。ターゲットは、「チキン南蛮とエビフライの定食(980円)」+「卵焼き(190円)」

いざ、入店入店!

お昼時でしたが、以外に客は少なめ。2人席に座り、しばし待つこと7~8分で料理が運ばれてきました。

チキン南蛮は、肉も衣も肉厚で食べごたえがあります。甘酸っぱいタレとタルタルがたっぷりとかけてあって、ご飯が進みます。やよい軒はご飯にもこだわりがあって、食事処のご飯としては最高位にあるほどの旨さ。もちろんお代わりしました。味噌汁は、自ぶんにはちょっとしょっぱいかな。

そして、卵焼き。これがふわふわで大変美味しい。ちょっと醤油をかけて、マヨを絡めて食べるのがお気に入りの食べ方。

そしてやよい軒の名物、漬物です。癖がなく、程よい塩加減が御飯のお供としていい仕事をしてくれます。ほっともっとのおかずについてくる漬物と同じと思われます。かつやのように、店内での販売を希望したいところです。

いつものエビアン

大満足の昼食後は、いつものエビアンでくつろぐのが私の贅沢。着座し、いつものマンデリンを注文したら、店員さんにエビアンの11月のコーヒー「ウルトラマンデリン(550円)」を勧められました。意味がよく分からない「ウルトラ」の響き。ためらいもなく迷わず注文しました。メニューには「特有の香りとまろやかなとろみのある質感で、飲みごたえのある味わいです」と紹介されており、焙煎士が特別に仕立てた逸品だそう。

豆は姉妹店である「グリーンライフコーヒーロースター」(宮城県の多賀城市にあるカフェ・コーヒー専門店)で焙煎されたもの。

ここのマンデリンが超お気に入りで、毎回注文しています。今回のは、コクに切れが加わっていて、酸味は若干強い感じがしました。私的には、酸味が強いコーヒーはちょっと苦手です。

マンデリン

マンデリンコーヒーは、酸味が少なく、苦味成分が強いことが特徴である。そのため、コクのある味と表現され、単一で飲まれるほか、ブレンドコーヒーにも適している。その他、濃厚な味のケーキなどとの取り合わせも好まれる。

 

生産量はインドネシア国内においてもわずか数パーセントに過ぎないが、その稀少価値や品質が認められ、トラジャと並び世界でも名の通るコーヒー豆の高級銘柄となっている。(Wikipedia

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。