初めての仙台初売り[I experienced Hatsuuri in Sendai for the first time.]

私は生まれてこの方、豪華で知られる仙台の初売りに行ったことがありません。

テレビでは昔から仙台の初売りをニュースにしていて、「お茶の井ヶ田」の大きなお茶箱の福袋(箱?)が印象深い。行く途中に聞いたラジオでも「2割増し商品券」と宣伝していました。

昨年の2日には大崎市にある「あ・ら・伊達な道の駅」に行ったので、今回は都会に、それも一度も経験したことがないことを経験したく、仙台に行ってきました。

このブログで記事にしている「仙ぶら」で仙台には何度も行っているのですが、1月2日の仙台は一体どうなっているのでしょう?

旦那さまのクラウンにて出発、9時30分にいつもの駐車場に車を止めました。空きは数台分とギリギリセーフ。金港堂という本屋さんの場所からアーケードに入り、藤崎方面へ向かいます。

たくさんの福袋を抱えた人たちがこちらに歩いてきます。

もしかして、もう買い物が一段落して、帰る人達?

初売りは早朝から店を開けるので、第一弾はすでに終了の模様。

藤崎方面を見ると、すごい人だかり。人の列が何本もあるのですが、一体何が目的なのか私にはさっぱり分かりません。案内の人が旗を持って誘導しているわけではなく、皆さん、きちんと下調べをしてきているのです。私は、流れに任せて人混みの中を漂流しているような状態。

家を出る時に、

今日は星乃珈琲店でチョコレートパンケーキを食べる!

と決めてきたのですが、星乃珈琲店の前にも長い列が。

こりゃ、絶対無理!

ということで、この日のブランチは諦めました。

藤崎の中に、なんとか入って、Y’sやGUCCIなどをひと通り見ました。福袋が目的ではないので、今回は様子を見るだけ。しかし、すごい人だかりで酔いそうでした。写真など撮ることもできず、私の分はこれにて終了。

すごいわ、仙台の初売り!


さて、旦那さまの行動はというと…

別行動になって、すぐに金港堂にて推理小説を買う。

2019年本屋大賞 翻訳小説部門1位のカササギ殺人事件 上・下巻とメインテーマは殺人

どちらもアンソニー・ホロヴィッツ作

エビアンにていつものマンデリンを注文。コーヒーの深い香りを楽しみながら読書。

小説を読むときは、登場人物を押さえることが寛容なので、特に時間をかけてゆっくりと、時には読み返しながら読んでいきます。この小説、序盤からなかなか引き込まれます。

喫茶店でお気に入りの本を読むのって、贅沢な時間の使い方です。

10時半を過ぎたあたりで、法被を着た人が

縁起物ですから、ここで獅子舞を披露させてください

と店内に入ってきました。店員さんはちょっと驚いて

少し待ってくださいね

と言ったのですが、お客さんが拍手をするものだから、法被の人が

拍手をいただきました、では!

と始まり始まり。

お囃子の調子に合わせて、獅子舞を披露していただきました。

旦那さま(是非にと手を上げたそう)をはじめ、希望する方の頭を噛んでくれました。

こいつぁ、新年早々縁起がいいや!

11時、今年最初の外食は「仙台っ子」ラーメンと相成りました。

終日OKのランチセットの大盛り、970円を注文。

今日のは、塩加減が絶妙でご飯の塩梅もよく、特別美味しかったそうです。


さて、駐車場に戻ってきた私に、旦那さまからプレゼント。

大好きな「kazunori ikeda individuel」フランス菓子。

はいっ、これ新年初のプレゼント

えっ、やだ~、感激!

このお菓子の大きさはおよそ4cmほど。12個入りで3,200円ほどです。高級なお菓子ではありますが、そのどれもが美味しいのです。彩りもきれいで、女子にはたまりません。

胃も(身も)心も幸せな正月2日となりました。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。