扇風機が猫の仕業で暴走するのを防ぐ工夫

我が家の扇風機はシャープ製のプラズマクラスター扇風機です。

これまで使っていた扇風機よりもとても静かで快適です。

羽にも工夫がされていて、巻き込むような風がありません。

実はうちの旦那、扇風機の風が大嫌いな人で、その理由は巻き込むような風でした。

エアコンのように直線的に吹いてくる風は大丈夫なのですが…

この扇風機、最新型故に値段は少々お高く2万円台でした。

操作は全て本体のタッチパネルと、リモコンでできます。

さて、ここで大問題が発生です。

  1.  昼間、家に帰ってくると最大風量で回っている。
  2.  押したはずのないボタンが押されている。
  3.  夜、最弱で回していたのに、強風で目が覚める。

これは、我が家の猫と犬の仕業。

肉球でタッチパネルをプチっと押していたのでした。

これには参りました。

怒るわけにもいかず「この扇風機、使えないね…」と半ば諦めていた私でしたが、それを見かねた旦那が対策をしてくれました。

物置から何やら箱を持ち出して分解し、クリアファイルを重ねてボックスを作りました。

クリアファイルのお陰で、現在の様子が分かります。

ガムテープだと糊が残って大変なので、養生テープで固定しました。

猫や犬の体重ではタッチパネルまで到達できず、これまで悩まされていた問題が見事解消しました。

タッチパネルは使えなくなりましたが、リモコンで全ての機能を操作できるので何の問題もありません。

ちなみに、ホットカーペットも知らない内にスイッチが入っていることが多いのです。

上にはカーペットをかぶせているし、このスイッチ、結構硬いんですけど。

謎は深まるばかり…


Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロックを検出しました!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。


ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、intelligence-console.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新」をクリックしてください。

 

あなたが広告をブロックする権利と自由があるように、当方にも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。