週末そば屋愉多工房の十割蕎麦にホンモノを見た

こんな記事です
宮城県大崎市岩出山池月にある、県内最大の集客を誇る「あ・ら・伊達な道の駅」に向かう途中に、いつも気になっていたお蕎麦屋さんがあります。今回、意を決して入店してみることに。

まずは店舗の場所から

お店の名前は「週末そば屋愉多工房」

土日のみ、午前11時から午後3時までの営業

画像のとおり、なかなか趣のある店構え

早速店内へ

4人がけのテーブル1つと、4人用カウンターがある。満席で8名という小さなお店

ご主人は家具職人なのだそう

メニューは数種類

メニューはA4の上に書いて、壁に貼ってあるだけ

  • 玄十割 細打ち ・・・ 850円
  • 玄十割 平打ち ・・・ 850円(1日7食限定)
  • そば追加    ・・・ 650円
  • あげねっけ   ・・・ 350円(そばがきの素揚げ)
  • そばプリン   ・・・ 250円

細打ちを2枚とあげねっけ、そばプリンを注文 2,300円なり

肝心のお味は

まずはお漬物が運ばれる

かぶときゅうりの漬物で、かぶの甘みと薄塩が絶妙で大変美味しい

あげねっけ(そばがきの素揚げ)

食感は「さっくりねっとり」

表面がサクッと揚がり、中はそばがきのネットリとした舌触りが楽しい

ほのかな甘さがあって、いくらでも食べられる

玄十割(細打ち)

辛子大根とかんずりが添えられる

「かんずり」とは塩漬けのトウガラシを雪の上にさらしてあくを抜き、柚子や糀(こうじ)などと混ぜて発酵させたもの。

丸い小ぶりな辛子大根が直前におろしにかけられ、皿に盛られる

大根はつゆに混ぜないで食べてください と店主

これがなかなか難しい…

かんずりは塩辛い味で、我々には馴染みがない味

これまで食べた十割蕎麦はボソボソした印象だったが、いい意味で裏切られた

やや太めな麺はキラキラと光り、二八蕎麦とは明らかに違う濃い色味を呈する

食感はもちもちとしており、やや固め、コシは抜群だ

「そば粉によるザラつきのある冷麺」と言ったら分かり易いだろうか

二人で何度も唸って食べた、それだけ旨かった

蕎麦屋の常で、量は若干少なめ

蕎麦つゆは独特で、少々酸味があるお味

市販の出汁が主張するものとは一線を画すもの

つゆも器もキンキンに冷やして供されるのがいい

そして、驚いたのが蕎麦湯の旨さ

独特のつゆを蕎麦湯が引き立てる

デザートの蕎麦プリンには、トッピングとしてきなことりんごジャムを選べる

今回はきなこ

もっちり、なめらかで上品な甘さを楽しめた

もちろん、そばの味と香りも楽しめる

これが250円とは恐れ入った

 

後から来た客(2名)は、「細2枚、平2枚」と注文していた。

なるほど、こういう頼み方があったか、とちょっと後悔…

二人でまた来訪したいと強く思ったお店だった

ごちそうさまでした 合掌