新型スープラ(RZ)に試乗した…スポーツカーが欲しくなった

んっ?スープラ?

クラウンの「プロケア10」、メンテナンスのためディーラーに入庫した。

今回は定期メンテナンスの他に下の箇所の確認をしていただいた。

  • 運転席ドア内側のドアノブからの異音
  • 運転席ドアエッジとフェンダー内部のカバーとの干渉

交換修理をすることになり、修理月日の調整をした。

いつもながら、丁寧な対応に頭が下がる。

ふと、外を見ると新型スープラがある。

担当さんに聞いてみると、ディーラー車だという。

担当さん:乗ってみます?

私:(当然)もちろん!

この車、試乗を勧めてもちょっと敷居が高いようで、試乗をする人は意外に少ないのだとか。

このスープラはRZ、直6ツインターボ 387馬力というモンスター。

値段は約730万円

色は私好みの白系、ホワイトメタリックだ。

試乗の前にエクステリアを撮影した。

※あまりに興奮して、インテリアを撮影するのを忘れた!

抑揚のあるデザインで、日本車がここまで攻めるとは。

ただし、新型スープラはBMWとの共同開発で、BMWではこの車のオープンモデルをZ4として販売している。

フロントセクションは相当に長く、迫力がある。バンパー下部のセミウイング部はF1マシンのごとくデザインされている。

試乗して感じたこと

試乗コースは、いつもの一般道+高速1区間だ。

  • 2ドア2シーターなので、ドアは長く大きく、その厚さに驚かされる。
  • コックピットはスポーツカーならではのタイト感があり、雰囲気は最高だ。
  • シート高は極端なほど低くは感じなく、最適ポジションが取りやすい。
  • コンソール周りのデザインはBMW色が強い。
  • シフトノブの操作性も同様。
  • ETCユニットがコンソール中央に直付けなので、後付感がかなり強い。
  • メーターはほぼ液晶で、センターに円形のタコメーターが配置されている。
  • 針は液晶で、表示の反応も良好だった。
  • 液晶部の面積は以外に小さめ。
  • ハンドルは重めで小径、操舵感はクイック。
  • ショートホイールベースだが、直進性は良好。
  • 車体の剛性感は素晴らしい。塊の中で運転している感覚を味わえる。
  • 終始スポーツモードでの試乗だったが、乗り心地は思いのほか良く、長距離でも疲れないだろう。
  • 8速ATのレスポンスは素早く、ブリッピングとバブリング音が心地よい。(遮音性はあえて低くしているのか?)
  • マフラーは2本出し、フィニッシャーは極厚で迫力満点。
  • クラウンとは対局にある車。だから、次に欲しいと感じさせられる。
  • 直6エンジンは、やはり超スムーズな吹け上がり。
  • 387馬力は道路事情と自分の年齢にはオーバースペック。
  • 私には4発2リッターターボ、258馬力のSZ-R、600万あたりが最適か。

こんな車を作れるんだから、トヨタってやっぱりすごい!

勢いがあるメーカーしか、こんな車を作れない。

胸を熱くさせる車、それがスープラだった。