このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[改善編①]

尿糖+++後、初の診察

2021年28日

悪夢の健康診断からおよそ3週間が過ぎたこの日、通院・診察です。

診察の前に看護師さんから、

「先に採血しますね。結果が出るまで5分程かかりますから、少々お待ち下さい。」

待つ間、HbA1cがどの程度なのか、上昇しているのか、下がっているのか気になります。

3週間、血圧測定、尿糖、体重・BMI、そして血糖値、食べ物などを記録し、運動も頑張ってきました。

HbA1cは1~2ヶ月の血糖値の平均を示す数値なので、今回の3週間の取組がどう反映されているのでしょうか。

年末年始の状態があまりにもひどく、数値を上昇させている可能性も捨てきれません。

採血の結果

「○○さん、どうぞ~」

早速、先生からHbA1cの数値が告げられました。

なんと、HbA1cは5.6に低下しました。

「前回、数値が上がっているようだったら薬も考えると言いましたが、この数値で薬は出しませんよ。」

「先生、ホッとしました。実は、ここ3週間はいろいろなデータをしっかり記録して、運動も欠かさずに取り組みました。これが、そのデータです。」

「すごいね。これ自分で作ったの?すごいね!」

「先生、食後、特に夕食後に高血糖状態のようなんですが…」

「日内変動と言えますね。HbA1cの数値からも糖尿病とは言えません。」

薬は出しませんよ。食事の改善と運動をこのように続けてみてください。」

とりあえず、安心しました。

しかし、HbA1cは5.6未満が正常値です。

安心はできません。

さらに自重した生活を送ろうと決意しました。

3週間の結果と効果

  1.  HbA1cが6.4から5.6まで低下しました。基本的にはロカボ(低糖質)で、それにトマトジュースやクルミ、難消化性デキストリンなどを取り入れています。
  2.  体重が3.6kg減少しました。無理なダイエットではなく、少しずつの積み重ねですが、着実に低下しました。1週間でマイナス1.2kgペースです。
  3.  大幅な減酒をしています。ビールは飲まず、ウイスキーや焼酎のハイボールを飲んでいます。酒の量はほんの数ccで色が付いているか分からないほどの薄さです。
  4. 健康情報のレコーディングを続けました。
  1.  白い物(白米、うどん)が多いと確実に血糖値が上昇します。逆に玄米や全粒粉パンなどは、血糖値が上昇しにくいことが分かりました。また、食前のトマトジュースも同様に血糖値の上昇を穏やかにしてくれます。引き続き、夕食後の血糖値上昇幅を抑えるよう、色々と実験?をしていきたいと思います。
  2.  ロカボに加えて毎日の何かしらの運動を続けることが、無理なくダイエットをするコツです。今回はリバンウンドはなさそうに思えます。
  3. 減酒による最大の利点は、睡眠の質が向上することです。途中覚醒がほとんどなく、朝方までぐっすり眠れるようになりました。
  4. レコーディングは本当に大切です。記録しなくなった段階で、数値は悪化するものです。

血糖値は健康な人でも、食べ物によって200を一時的に超えることが往々にしてあります。

その数値ばかりにこだわるのは得策ではないようで、日内変動もあると考えながら、日常の食事や運動を考えることが大切だと言われました。

私の話を聞いた妻は、次のように話していました。

「すぐに薬を出さない先生は、いい先生だよ。近頃は、患者の要望に答えてすぐに薬を出す医者が多いから。これ以上薬(降圧剤に加えて)を飲んで、大丈夫かなと思っていた。」

次の検査や献血まで更にしっかり取り組んで、体質改善を図りたいと再度決意しました。

ゲーム感覚で楽しみたいと思います。

よろしければ、こちらもご覧ください。

このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[決意編] このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[準備編]