このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[改善編②]

2021年1月上旬の健康診断時

  • 体重81.2kg
  • 尿糖 +++

という衝撃的な結果に危機感を抱いた旦那。

その後、食事と運動に気を付けて体質改善に取り組んできた旦那。

このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[決意編] このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[準備編] このままではやばい?健康診断の結果から体質改善を目指した旦那の奮闘記[改善編①]

初めての成分献血

献血といえば400mlの全血献血でした。

今回は初めての成分献血(血漿)に挑戦しました。

初めての場合は心電図の測定を行う必要があります。

全血献血は15分ほどで終わるのですが、成分献血の場合は血を採取してから必要成分のみを取り出し、赤血球などは体に戻す工程があるので私の場合、50分程かかりました。

やはり「ちょっと時間がかかるな」という印象ですが、世の中に血液を必要としている方が大勢いらっしゃいますから、社会貢献としてこれからも協力していきたいと思っています。

参考 献血日本赤十字社

献血は血液検査の結果通知サービスがうれしい

体質改善に取り組み、体重を検診時から約5kg減らしたので、前回の結果からの変化が楽しみでした。

多血傾向は変化なしでしたが、肝機能の数値である「ALT」「γ-GTP」と糖尿病関連の「GA(グルコアルブミン)」は大幅に改善していました。

贅沢を言えば「TG(トリグリセリド)」という中性脂肪の数値が供されるとさらにありがたいです。

脂肪肝解消へ期待が持てます。

1月28日に採血した時のHbA1cが5.6でした。

糖尿病が否定できない、という値です。

HbA1cは過去2ヶ月の血糖値の平均を表す数値で、5.6未満が正常値です。

参考 HbA1cとは?国立循環器病研究センター病院

HbA1c 6.4(2020年12月3日) → 5.6(2021年1月28日)

GA(グルコアルブミン)は過去2週間の血糖値の平均を示します。

前回までは基準値内ではあるものの注意を要する数値でしたが、今回は心配ない数値となりました。

体質改善と減量の効果は確実に現れています。