【あんかけ系では最強の味】東龍門の五目焼きそば

今日も、恒例の「仙ぶら」に行ってきました。

さて、今日のランチはどこにしようかな、と迷っていたところ、旦那さまのリクエストで「東龍門」に行くことにしました。

「東龍門」は仙台の国分町にある東京エレクトロンホール宮城の2階にある中華料理屋さん。

久しぶりの訪問です。仙台には様々な飲食店が立ち並んでいるので、あれこれと試しているうちに少し疎遠になっていました。

開店時刻の11時ちょうどに入店。

注文するのは、もちろん、「五目焼きそば」(700円)です。旦那さまは半チャーハンも追加です。

ここの「五目焼きそば」は絶品です。見た目も完璧、ワタシ的には、これまで食べてきたどのあんかけ系の飯や麺の中で最強のお味です。

程よい甘さ、醤油加減、塩加減、香ばしさ、とろみ、たっぷりの具材(キャベツ、たけのこ、豚肉、鶏肉、きくらげ、ほうれん草、ハム、鶉の卵、エビなど)、麺の焼き加減、それらが渾然一体となった味を味わわせてくれます。

思わず二人で「う~ん!こりゃ美味いわ!」と唸って食べました。

あんの色もそそるんですよね。麺の量もたっぷりです。

もう、パーフェクトですわ。満足感が半端ないです!

このブログをご覧になった方、仙台に行ったら、ぜひ食べてほしいです。

 

そして、下が半チャーハン(450円)。

量は半分以下ですね。ちょっとコスパ悪いかな。

スープは美味しかったですよ。

下の漬物は自由にとって食べられます。

※注意書きがあるとおり、箸で取ってはいけません。ミニトングがありますから、それでね。

お店の中は、中華料理屋さんというよりは、普通の食堂のような感じで、6人がけのテーブルがたくさんあります。

ランチタイムなど、混んだときには相席となります。前か後にずらして行って、ゆっくりゆったり食べるのがオススメです。

 

今日、私はDiorでの買い物がメイン。旦那さまはというと、「AとO型の血液が不足しているらしい、俺は、献血に行くぞ」と三越の向かいにある献血ルームに向かったのでした。

その背中を見ながら「突拍子ないけど、なんか、ほっこりとさせられるなぁ、世のため人のためか…」

じんわりと嬉しくなりました。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。東龍門、ほんと、美味しいよ!