時計のベルトを交換したら愛着がさらに増して嬉しいことこの上なし

お気に入りのSEIKO製格安クロノグラフ「SND367PC」は、標準の金属ベルトから革製バンド(Dバックル)に換装して愛用してきました。

しかし残念なことに、経年劣化によって革が剥がれてきてしまい、廃棄となりました。

革ベルトの宿命とでもいいますか、耐久性がネックです。

SNDの次のベルトを考えている最中に、フランク三浦をフランクミュラーのコンキスタドール風にするためにラバーベルトを購入しまして、これがバッチリ決まってかっこよくなったので、SNDにもラバーベルトを装着することを決意しました。

※フランク三浦は、いわゆるバッタモンではなく、裁判で認められたブランドです。

時計はベルトを自由に交換して、また違う雰囲気を味わうことができるのがいいですね。

男がお洒落できるアイテムって女性に比べて極端に少ない、そんな中、時計は最高のアイテムです!

WOCCI製のラバーベルトを購入

少し厚めのラバーベルトを探して、WOCCI製のベルトが目に止まりました。

このメーカーの製品は結構評価が高いのです。

20mm幅のラバーベルトの他に、ピン4本と工具が入っています。

赤のステッチは丁寧に処理されていて、光沢があって発色も鮮やかです。

シルバーの時計にはシルバーの尾錠が合うという意見がありますが、今回はつや消しブラックを選びました。

この尾錠は少し大きめですが、バランス的にはありだと思います。

エッジなども丁寧に処理されていて、質感は良好です。

シンプルでコンパクトなSND367PCをくまなく磨いて、いざ、装着の時。

お気に入りの時計がさらに素敵に変身しました。

ラバーの質感は、スベスベで柔らかいものの、ホコリがつきにくく、良質です。

ラバーの厚みも全体の質感を高めてくれます。

最も厚い部分で6mmほどです。

2つのラバーバンド時計

SND367PC改とフランク三浦グレコローマン・コンキスタドール風を並べてみました。

コンキスタドール風は少々ベルトが短めなのが気になりますが、SNDの方は十分な長さがあります。

SNDのベルトは上部で97mm、下部で120mmほどです。

どちらもかっこいい、十分満足、いい感じです。

コンキスタドール風のベルト中央の盛り上がり部分がセクシーですね。

平板なラバーベルトにはない色気を感じます。

SND改のラバーベルトにも同様の盛り上がり部分がありますが、つや消しのためにあまり目立ちません。