【購入から開封まで】ThinkPad X230が新たなパートナーに 外観編

旦那が中古ノートパソコンを買いましたので、その報告をいたします。

ThinkPad歴

かれこれ12年ほど前にさかのぼります…

仕事用にIBMのノートPC ThinkPad X41を購入しました。

X41は薄型軽量のPCで仕事の相棒としてよく働いてくれたのです。

本製品は、ThinkPad X40の上位機種として位置づけられ、全機種に指紋認証センサーを搭載しています。また指紋センサーに必要なソフトウェアを初期導入しています。持ち歩くモバイルPCだからこそ、高度なセキュリティーを誰にも使いやすくご提供しています。また徹底したシステム冷却によってB5ノートにモバイル インテル(R) 915GM Express チップセットの搭載を実現しています。CPUには インテル(R) Pentium(R) M プロセッサ 低電圧版 758 (1.50GHz) を搭載。更に、ウルトラベース X4(別売)のセカンド・ハードディスクのデータもハードディスク・アクティブプロテクション・システムで守ります。 (下記サイトより)

参考 ThinkPad X41の発表IBM

製品の常で、メリットとデメリットがあったのは致し方ありません。

【メリット】

  • 当時としては軽い1.3キロほどの重量
  • キーボードの打鍵感が秀逸
  • 7列配置のキーボードの使い勝手の良さ
  • トラックポイントの使い勝手の良さ
  • Pentium Mプロセッサーの処理速度

【デメリット】

  • 超小型HDD(1.8インチ、4200rpm)の遅さ
  • 振動感知による頻繁なHDDの停止
  • 天板がピーチスキン(ゴム系コート)で傷つきやすい
  • USB端子が故障しやすい
  • バッテリーが劣化しやすい、という印象

当初 Windows XPマシンだったのですが、メモリを認識最大値の1.5Gまで増量し、あまりにも遅いHDDをSSD化したりして Windows 7までは延命させました。

しかし、低電圧版 Pentium M 1.5GHzではどうしようもなく、あえなく使用終了となりました。

なぜX230を購入したのか

AS1410が突然の昇天、クロムブックとして活用していたポータブックを急遽Windows10マシンとして再構築しました。

しかし、やはりポータブック、AtomというポンコツCPUとメモリ2G、eMMC32Gという変態仕様は、軽い仕事さえ全く受け付けずに我慢の限界を迎えたのでした。

我が家にはi7やi5を積んだ高性能PCがありますが、モバイル用途のPCはもはや無くなってしまったに等しい…

そこで、白羽の矢を立てたのがX230という訳。

  • 価格が手ごろ(2万円程度)
  • CPUはi5 3320M(2コア4スレッド)、今でも十二分に活躍できる
  • メモリは4G(1スロット空き)、8Gに増設すれば快適
  • 打つ者を虜にする秀逸なキーボード、絶妙な打鍵感
  • メンテナンスしやすい筐体、修理や改造が用意
  • サードパーティの部品が豊富に流通

筐体をチェック

ヤフオクを物色していたら、筐体やキーボードに使用感があまりない上玉が目にとまりました。

  • Core i5 3320M 2.6GHz
  • SSD120G
  • メモリ4G
  • Windows10Pro
  • WPS Office 2019
  • Webカメラ、Bluetoothなし
  • 6セルバッテリー(新品の80%程度の容量)
  • 使用感ほぼなし

すかさず入札!

18,500円で落札し、無事我が家に届きました。

天板は拭き後があるが、自分できれいにできそうです。

天板左隅に剥がれを発見!

こちらは、耐久性のある特殊マジックで目立たなくします。

底面も傷なくきれいです。

ねじは塗装が剥げているのがあり、やはりXシリーズ、開けていないわけがありませんね。

キーボードは全体的にきれいで、テカリもほとんどない美品です。

トラックパッド周りもきれいです。

左側に糊跡を発見!

消毒用エタノールを綿棒に付けてきれいに取ります。

液晶をじっくり見てみると、シミがありました!

X41にも経年変化で出現していました。

これがあるから、ThinkPadの液晶品質は低いのではと考えてしまいます。

分かりにくいが写真中央に縦1㎝ほどのシミがあります。

一番目立つのは液晶カバー右上の欠けです。

でも、どうしても気になる場合は、パーツを買って交換すればいいだけ。

これこそThnkPadの醍醐味なのです。

ざっと、新しい相棒の外観を紹介しました。

はじめからSSD120Gが積まれていたので、まずは速度測定してからいろいろと考えたいと思います。