【美味しいわが家の夕御飯:レシピ付き】特製油淋鶏と岩出山家庭ハムのスペアリブ

油淋鶏は私の特製。旦那さまは「世界一の油淋鶏」と言って喜んでくれます。特製ですから、お肉は明治屋で売っている南部どりの胸肉を使います。なかなか、いいお値段です。多めに買って、冷凍しています。

添えているレモンも明治屋で売っている国産レモンです。

キャベツと小松菜を茹でて下にひきます(レタスをひくこともあります)。その上に、胸肉の唐揚げ(薄味の塩麹漬け竜田揚げ)をよそおいます。そこに、私の特製香味ソースをたっぷりとかけます。唐揚げの味付けが強すぎないようにするのがコツ。特製香味ソースが主役となるからです。

旦那さまは、この料理が大好き、もう待ちきれません。

私の秘伝、中華香味ソース(決して辛味ではありません ^^;)のレシピを特別に公開します。これで、皆さん幸せになれまるかも!?

参考にしていただければ嬉しいです。

もちろん、こちらは外せませんね!そう、つや姫と割干大根漬です!

やっぱり、このかつやの割干大根漬、最高ですね!

以上、油淋鶏の巻でした!


そして、別日のメニューも紹介します。

この日は岩出山家庭ハム謹製のスペアリブがメインディッシュです。特製ポテサラ(岩出山家庭ハムのベーコン入り)を添えてあります。

このスペアリブをパッケージごと10分ほど湯煎にかけて、お皿にのせるだけ。このままレストランで供されてもなんの疑問ももたないクオリティ。焦げ具合や照りが素晴らしいです。

いや~、美味でございます。味はスパイシーで濃いめですから、ご飯にとても合いますよ。

そして、もう一品。キクラゲとしいたけと小松菜の中華風塩炒め。もちろん、あ・ら・伊達な道の駅で買ってきた食材たちです。

ふのりのお味噌汁も私達のお気に入りです。

キクラゲとしいたけの肉厚は、さすが国産、地場産品というところです。そして、味が濃いんですよね。素材にこだわりをもつことは、美味しい料理づくりの基本なのかもしれません。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。