超高級洋菓子 エシレのサブレとガレットを食べてみた

エシレとはフランスの地名で、古くから乳製品製造業が盛んな土地です。

エシレ・バターは世界的に有名なブランドで、下記のような特徴があります。

 エシレ バターは、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バターです。
発酵バターはクリームを乳酸発酵させてからつくるバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高いのが特長。
エシレ酪農協同組合は1894年からバター作りをはじめ、代々伝わる乳酸菌を大事に使いながら、昔ながらの製法で変わらぬ味を守り続けています。

エシレHPより)

オンラインショップからはバターは購入可能なのですが、お菓子は買うことが出来ません。

仕方なく、アマゾンから転売品と思われる商品を購入しました。

私が欲しかったのは、エシレ サブレエシレ&ガレットエシレ 各12枚入り スリーブ付

エシレ・メゾン デュ ブール<丸の内>に行かなければ買えないお菓子なのだ。

定価は6,480円、アマゾンで買ったのは9,980円、3,500円の送料と手数料となる。

それはそれとして、佐川急便さんが来るのが待ち遠しくて仕方ありません。

そして、ついに到着。

期待を込めて開封の儀式です。

それぞれの缶に12枚ずつ入っています。

今回は1枚400円となりますね(汗)。

まず驚くのが、サクサクとした歯ざわり。

そして、絶妙な甘さと後から鼻に抜ける豊かなバターの香りが最高です。

自社自慢のバターの風味を最大限に活かすレシピなのでしょう。

旦那も是非食べてみたいとお相伴。

なんじゃこりゃ?!市販の○○とは全然違うじゃないか!

普段甘いものを食べない旦那も驚くほどの美味しさ。

ちょっぴり高かったけど、まずは経験だからね。(*^^*)

缶フェチの私。

この素敵な缶の使い方も、これからの楽しみです。