山下達郎さんの曲の中で最も好きな「ONLY WITH YOU」は朝の目覚めと晴れた日のドライブにお勧め

ONLY WITH YOU

この曲は、『Sunday Song Book』という、山下達郎さん出演のラジオ番組のオープニング曲。

元々はサーフィンを題材としたウォルター・マルコネリー監督のドキュメンタリー映画のサウンドトラック・アルバム「BIG WAVE」(84年)の収録曲。


Photo by Sincerely Media on Unsplash

参考 BIG WAVE(サウンドトラック)Wikipedia

ラジオのオープニングで使われているのはこの曲のインストゥルメンタルバージョン。

「ああ、あの曲ね!」と思い出すはず。

爽やかでいてちょっとけだるいこの曲は、「海・青空・砂浜」を想起させてくれる素敵な曲。

ONLY WITH YOU

 

作詞:Alan O’Day
作曲:山下達郎

 

A promise , a late night rendezvous

A secret, a time for just us two

For dancing to the radio

Or just watching the fire glow

愛の約束、深夜のランデブー
秘密、2人だけの時間
ラジオの音楽に合わせて踊って…
燃える炎をじっと見つめて…

Slow motion kiss, it never fert like this

It’s like we’re on an island

A place to call our own

A shiver,a thrill I’ve never known

And when this magic night is gone

In my heart it will linger on

スローモーションキス、こんな気持ちは初めて
2人だけの島にいるような感じ
これこそ2人の“愛の国”
この高まり、初めて知った歓び
この魔法の夜が過ぎても
心の中ではいつまでも残ってる

Only with one girl, only with you

Time won’t steal all the love that we feel

We won’t be, breaking apart you and me

Will we ?

君とだけ、君と2人だけ
時でさえ、2人の愛は奪えない
2人の仲を裂くことはできない
違うかい?

It’s nice of you to call on me

Now you’re blessed with a family

Time goes so quickly,there’s nothing I can say

My heart is foolish,to live for yesterday

Only with one girl,only with you

もう家族に恵まれている君が
僕を頼ってくるなんて…
時の経つのは早いもの 何も言えない僕
過去に生きるなんて、僕の心はからっぽ
君との過去に生きてるなんて…
オンリー・ウィズ・ユー

目覚めとドライブに最高

下の3曲を朝の目覚めに流して、爽やかに起きています。

また、天気の良い日のドライブのBGMとして何度もリピートしています。

車窓から見える風景が素敵に変わります。

  1. インストゥルメンタルバージョン(爽やかさはこれが一番)
  2. ライブバージョン(サックスが色気を増して、夜の浜辺のような雰囲気を醸し出してる)
  3. オリジナルバージョン

この曲が1984年にリリースされていたのだから驚きです。

達郎さんの曲はどれもアレンジが秀逸なので、30年近くたっても色あせない。

これからさらに10年経とうが20年経とうが、きっと新鮮な感動を与えてくれるに違いありません。