【1分8秒の傑作】 What Did You Do For Tomorrow(ゴダイゴ)

こんな記事です
常々、昔に比べてコマーシャルがつまらないな、と思っていました。昔、とっても好きだった、そして英語に興味をもつきっかけにもなったコマーシャル(曲)について書きました。

ゴダイゴの名曲

1980年代に一斉を風靡したゴダイゴが作った名曲、日立のCMにも使われました。

挑戦することの素晴らしさを教えてくれた曲。

日々の生活を目的をもって生きろと教える、その歌詞から勇気と希望をもらった曲。

1分8秒の中に生き方が凝縮されているのだ。

CM最後のナレーションがまた良い。

遊び・学び・行動する 全てに徹底することは素晴らしい

そして、最後にアイキャッチ

若さ あざやかに

「若者の努力を賛美し、更に前に進んでいきな!そうすれば、輝ける未来が待ってるぞ!」

こういうCMって、今の時代あるだろうか?

What Did You Do For Tomorrow

Did you shake your neighbor’s hand?:隣の人と握手したかい?
And did you say you’d be his friend?:彼に友達になりたいと言ったかい?
Did you try to stand up tall?:背伸びしようとしてみたかい?
And did you also learn to fall?:挫折することも学んだかい?

Did you tell someone you care?:気になる人に伝えたかい?
And did you give and try to share the love:愛を与え、分かち合おうとしたかい?
A heart is longing for?:心が望んでる愛を?

Whatever you’ve done today:何であれ今日やったことが
Will form your life and guide your way:明日をつくり、導いてくれる

What did you do for tomorrow:君は明日のために何をした?
What did you do for tomorrow:君は明日のために何をした?
Did you wisely use this precious day?:貴重なこの日を大切に使ったかい?
Or were you throwing time away:それとも無駄に過ごしたの?

Tell me, what did you do for tomorrow:言ってごらん、君は明日のために何をした?

ほんと、この曲が大好きで、英語の先生に日本語訳を添削してもらったなぁ。

明日は今日よりきっと良い日になる、頑張れば夢はきっと叶うと信じていた時代

世の中に活気が溢れ、キラキラしていた時代

特に、若者のエネルギーが溢れていた時代

ほとんどが中流意識をもち、心におおらかさと余裕があった時代

おっと、ユーミンの「あの日に帰りたい」がどこからともなく聞こえてきた…