GR86 ディスプレイオーディオ ATOTO F7XE のファームウェアを更新 でもちょっと残念なことが

ファームウェアのアップデートは大切

PCでは頻繁に実施されるアップデート。

ファームウェアをアップデートすることで、製品の機能や安定度を向上させることができます。

ATOTOのホームページにユーザー登録すると、マニュアルやアップデートファイルを手に入れることができます。

製品名等を指定して、その機種限定の情報にアクセスします。

MCUとSOC用のファイルをぞれぞれダウンロードし、USBメモリのルートにコピーします。

※USBメモリはFAT32でフォーマットします。exFATやNTFSではエラーが出るようです。

アップデート

現在のバージョンを確認します。

  • MCU:F7-GDB6D-220223
  • SOC:F7-SOC1W-220110
  • ソフトウェアバージョン:2.2.1
  • ハードウェア:2.0.0

ちなみに、MCUは「マイクロ・コントローラー・ユニット」、SOCは「システム・オン・チップ」となります。

MCU用の「update」フォルダをルートに置いてユニットを起動させ、システムメニューから更新作業を行います。

※MCUの「updateフォルダ」とSOCのバイナリファイルは一緒にルートに置いておけば、2つ同時にアップデートできそうです。

MCUのバージョンが220104から220915に更新完了です。

次にSOCのアップデートですが、こちらは以前のものと同じでした。

念のため、アップデートをかけることにしました。

無事にアップデート終了です。

残念だったこと

ファームウェアのアップデート後、日本語表記の変なところを確認しましたが、直っていませんでした。

「残高」は「バランス」か???

説明書の英語表記では「Balance」となっている。

ここのところの表示はきちんとして欲しいと思います。

残念!

何はともあれ、現時点での最新バージョンになったので、一安心といったところです。