【GR86】シートベルトガイドのカバーをDIY 安価で見た目も良しの出来栄え 簡単に制作できます

GR86のシートにはシートベルトガイドが備わっていて、ベルトを肩口から引っ張れるようになっています。

シートベルトは車に乗るときに必ず使うものだけに、ちょっと気になることがありました。

合成皮革の部分とシートベルトが擦れて、走行中に「キシキシ」と音を立てます

耳の近くなので、余計に気になります。

ガイド裏面とシートベルトの擦れによる色剥がれも心配です。

シートベルトガイドカバーをDIY

中華製のガイドカバーが2500円程度で買えますが、この部分にお金をかけるのもちょっと気が引けます。

自分で作れないかなぁ、とダイソーに行ってみたところ、なかなか良いアイテムがありました。

  • 粘着加工のフェルト
  • ダブルラッセル はぎれ

ダブルラッセルが最適

今回はダブルラッセルのはぎれと両面テープで作ることにしました。

すべすべした素材で、目的にピッタリです。

両面テープはニットーの強力両面テープ5000NSが家にあったので、それを活用します。

シートベルトガイドを覆うには13×2cmのサイズが必要です。

はぎれの大きさは25×40cmなので、25cmの部分に両面テープを貼って2つに切り分けます。

ちょっと苦戦したところ

スポンジ状のクッションを繊維で挟んでいる構造のため、ハサミでもカッターでもまっすぐにきれいに切るのは難しいです。金属製の定規で圧をかけ、切れ味の鋭いカッターで切るのがよろしいかと思います。

フィッティングの良いアイテム

ガイドのホックを外してからカバーを装着してみました。

シートベルトを通してガイドのホックを元に戻して終了です。

生地がすべすべで滑りやすいので引っ掛かりが全くなく、シートベルトをスムーズに動かすことができます。

助手席側にも装着しました。

もちろん、こちらも違和感なく動きもスムーズです。

少し離れて見ると、違和感が全く無く、ステッチがないのも気になりません。とてもいい感じです!

赤色の素材があれば試してみたいのですが、赤は色褪せが進むのが欠点ですね。

わずか110円で、満足度が高いパーツを作ることができました