お陰様で120万PV達成 いつもご覧いただきありがとうございます

Axis-parts 第四弾 GR86 エアコンサイドダクトパネルカバー

またもや小さな箱が我が家に届きました。

今度は何??? (๑˙❥˙๑)

東レ6K ドライカーボン製のパネルカバー

かねてから注文していたAxis-parts エアコンサイドダクトパネルがようやく届いた。

予定よりも1週間ほど早く届いたが、他のAxis-parts ドライカーボン製品より長く待たされた。

ドライカーボン製カバー。光沢感がたまらない
質感は相当に高い
このギラギラ感がたまらない
東レ6Kカーボンを使用。カーボンのつなぎ目がよく分かる。両面テープは3M製だ

装着は結構難しい

サイドダクトは円筒状のため、そのまま貼り付けるか、ダクトを取り外してから貼り付けるのか迷った。

仮合わせの段階で、フィッティングが今一つで、エッジ部分が覆われない箇所があったので、後から後悔しないようにダクトを取り外した状態でパネルカバーを貼り付けることにした。

左側のダクトを外すのは今回が初めて
この素の状態はもう見納め
ダクト上部に防振防音効果の高いエプトシーラーを貼り付けておいた
貼り付け位置は慎重に吟味しなくてはならない
ツマミ部分はアクアスタイルのグロスカーボンシートで、意外にマッチしている印象

満足度が異様に高い仕上がり

カーボン調パネルとは一線を画す圧倒的な質感と存在感
このリアルな質感を見るだけで白飯3杯は行ける
インパネ上部の水平基調周りはほぼAxis-parts製ドライカーボン製品となった
左側は車外から見ると完璧な仕上がり
GR86車内カーボン化計画で最も重要なパーツだ
運転席から見ると、若干の隙間が生じてしまった。チリ合わせが非常に難しいと感じた
このハメ合わせの部分はダクトを取り外してから貼り付けないと、写真のようにきれいに処理できない。また、個体差とは思うが、左側のダクトフィンが若干干渉してしまう。左側はほぼ動かさずに固定とはいえ、フィッティングに少々難があった

難しいポイントはココ

両面テープが強力なだけに、少しでも圧着してしまうと後には引けない状態になってしまう。

位置合わせはマスキングテープとペンを使って慎重に行ったのだが、僅かなズレが生じてしまった。

ダクトフィンの干渉は、自分の作業のせいかもしれない。

気になる隙間をカモフラージュ

左ダクトの隙間が気になるので、ダクトを取り外し、樹脂部分にカーボンシートを貼り付け、艶出し剤で光沢感を出した。

写真ではそうでもないのだが、カーボンパネル下の未塗装樹脂部分が結構目立ってしまう
目立つ部分に3Dカーボンシートを貼り付けた
こうすることで、遠目からは隙間が目立たなくなる

もちろん、貼付け後はドライヤーで熱入れ・圧着を怠らない。

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

ブラウザの拡張機能を使用して広告ブロックをしていることが検出されました。
ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、intelligence-console.comドメインをホワイトリストに追加し、「Refresh」をクリックしてください。

あなたが広告をブロックする権利と自由があるように、当方にも広告をブロックしている人にコンテンツを提供しない権利と自由があります。