Macbook Pro BootcampでWindows10を試してみたら…爆速に驚いた

我が家のMacbook Pro

[15インチLate2013モデル]

  • 筐体:高精度アルミニウムユニボディ
  • プロセッサ:2.0GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)
  • メモリ:8GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ
  • グラフィックス:Intel Iris Pro GraphicsIntel Iris Pro Graphics
  • カメラ:720p FaceTime HDカメラ
  • ディスプレイ:Retinaディスプレイ:IPSテクノロジー搭載15.4インチ(対角)LEDバックライトディスプレイ、2,880 × 1,800ピクセル、解像度220 ppi、数百万色以上対応
  • 接続および拡張性:MagSafe 2電源ポート、Thunderboltポート2基(最大10Gbps)、USB 3ポート2基(最大5Gbps)、HDMIポート1基、ヘッドフォンポート、SDXCカードスロット(ギガビットEthernet、FireWireは別売りThunderboltアダプタで対応)
  • オーディオ:ステレオスピーカー、デュアルマイクロフォン、ヘッドフォンポート(オーディオライン出力、Apple iPhoneリモート&マイク付きヘッドセットに対応)
  • ワイヤレス:802.11ac Wi‑Fiワイヤレスネットワーク接続、IEEE 802.11a/b/g/nに対応、Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • 入力装置:フルサイズバックライトキーボード、環境光センサー搭載ガラス製マルチタッチトラックパッド
  • バッテリーおよび電源:リチウムポリマーバッテリー(95Wh)内蔵、最長8時間(ワイヤレスインターネット閲覧)、最大30日のスタンバイ時間
  • サイズ・重量:高さ: 1.8cm 幅: 35.89cm 奥行き: 24.71cm 重量: 2.02kg
  • 付属品:85W MagSafe 2電源アダプタ、ACウォールプラグ、電源コード、製品マニュアル(印刷版/電子版)
  • 価格:194,800円(税別)

2020年の今でもバリバリ使えるスペックだと思われる。

仮想環境でのWindows

私はもともとWindows使いなので、所有しているソフトウェア資産も当然Windows対応だ。

Macも一度は経験してみたいし、かといってWindowsのソフト資産を捨てるわけにも行かない。

そこで重宝するのが「仮想ソフト」と呼ばれるもの。

実は、Windows機でVirtualboxを導入して過去のOSのみに対応するソフトウェアを動かしていた。

Macでも同様にVirtualbox、と考えたが、ここは奮発して有料の高機能(簡単)な「Parallels Desktop」を導入してみることにしたのだった。

参考 Parallels Desktop 16 for MacParallels

Windowsに割り当てるSSD領域は80G 程度とし、32ビットのみで動作可能なソフトウェアを使う必要から32ビットのWindowsをインストール。

RAMは8Gの内、3.2GをWindowsで使用。

このParallels Desktopというソフト、MacのOSのバージョンアップに追従して頻繁にバージョンアップを行う。

商売だから仕方がないが、バージョンアップのたびに○○%スピードアップ!とアピールするも、じゃあ、一体どこまでスピードアップするの?

実際は、MacのOSの上で、別のOSを動かしているのだから、当然動きはオリジナルとは言えず、ややもっさりな感じ。

特にメモリ食いのソフトウェアを動かすと、「チョット待ってネ」の虹色サークルが頻繁に現れるようになる。

当然、8Gのメモリはすぐに飽和状態。

16Gのメモリ搭載機種であれば、快適なのかもしれない。

BootcampによるWindows10単独運用

Windowsの稼働が9割を超えている現状から、思い切って仮想ソフトの使用を断念した。

そう、MacにはOSを切り替えて使用できるBootcampという仕組み(ブートマネージャー)がある。

  • 起動時にOSを選択
  • Windowsを動作させるためのデバイスドライバを自動でインストール

いたれりつくせりのありがたい機能だ。

起動時にOSを選択するので一度に両方を扱うことはできないが、マシンのフルパワーを享受することが出来る。

アップルのサイトを参考に、BootcampにてWindows10(64ビット)を無事インストール。

RetinaディスプレイをWindowsで運用する際の注意

ディスプレイの解像度調整にコツが必要となる。

本機の場合はBootcampでインストール直後のデフォルト状態では、WQXGA(2560×1600)となっていて、アイコンや文字がとても小さく表示されて使い勝手が悪い。

同じ比率で少し解像度が低い、WUXGA(1920×1200)に調整すると良いという記事が多いが、こちらにすると、今度はアイコンや文字がやや大きすぎて画面が狭く感じる。

Windowsではスケール調整が鍵

基本的には、2,880 × 1,800ピクセルの解像度は維持したまま、文字やユーザーインターフェース要素のスケールだけを調整する。

この選択肢は、100%、125%、150%、175%、200%、225%、250%の7通りだ。175%を選ぶと、疑似解像度で言えば、1,646×1,029程度になり、macOSの「デフォルト」の設定にかなり近い。

通常は、この設定がお薦め。

マシンパワーをフルに使う喜び

まず、驚いたのがMacbook Proで動くWindows10のキビキビ感。

そうそう、求めていたのはこの感じ。

Core i7のパワーを開放して動かしたWindowsは仮想で動かしていたのとは全くの別物だ。

ブラウジング、画像変換、ソフトの立ち上がり、そのどれもが爆速。

単独か、仮想ソフトか

  • Macも経験したい。でもほとんどがWindows → BootcampでOSを切り替え
  • MacとWindows、稼働率が拮抗している → 仮想ソフトでOSの同時使用
  • MacかWindows → お好みで

結論

仮想ソフト上のOSでは、動作スピードが多少落ちるのを覚悟しなければならない。

またホスト側のOSもメモリを十分に使うことができなくなり、結局のところ、動作スピードが落ちる。

そこのところを覚悟して導入するべきですね。