【ROLEX】旦那様のロレックス・サブマリーナー購入まで [SUBMARINER 116610LN]

時計にはあまり興味のない旦那さま。

社会的な立場も変わり、それにふさわしい腕時計をしたらいいのにな、と思っていました。当時使っていたのは、2,000円ほどの、「チプカシ」と呼ばれる、カーキ色のプラスチックの時計。

時計は時間が分かればそれでいいの

とかたくなで、あまり興味がないみたい。

ロレックスでも買ったら!

ロレックスねぇ…

さすがにロレックスは知っているのか、ちょっとは興味をそそられたようでした。

すると、次の日には時計の雑誌を読んでいたのです。

 もしかして、買う気あるの?

旦那様談

「ロレックスなら、やっぱりデイトナがいいな」

「でも人気があるから、手に入らないだろうな」

買う気がだんだんと高まってきたみたいです。

なんと、その数日後には正規店に行ったのです。

旦那様談
もちろんデイトナのステンレスモデルはなし。ヨットマスター・ロレジウム(16622)やサブデイト(16610)やグリーンサブ(16610LV)がありました。

 

一通り説明を受けた後、ひときわ大きなショーケースの中に一本だけ飾られている時計がありました。

 

実は、新型サブデイト(116610LN:735,000円)が昨日(日本国内発売日)一本だけ入荷し、ディスプレイしたらしい。そういえば、前日の新聞に一面広告があったような。

 

 

是非にと見せてもらい、ベゼルの光沢や回転のスムーズさ、全体的にリッチな雰囲気に圧倒されました。

 

運命の出会いを感じた瞬間でした。

以上、2010年7月25日の顛末記でした。

ロレックス公式サイト(116610LN)