【手術体験談:ICU脱出・退院】腹腔鏡下胆嚢摘出術[入院3〜5日目]

注意
本記事は、旦那様から取材した体験談を基に記しています。

入院期間:5日間(月曜日から金曜日)
職場復帰:次週月曜日から通常勤務

ICU脱出から退院 編

【入院3日目】
病室へ戻り、一息つく。腹には4カ所に透明な防水テープが貼ってあり、みぞおち部分の防水テープの内側には結構血がたまっている。点滴は2本、抗生物質と痛み止めのようである。お陰で、痛みはない。

水分補給のため、水を飲む。しばらくすると、腹の中が盛大にギュルギュル鳴り始める。しばらくすると、看護師が来て、ガスの出と痛みを確認。小便に行くと、尿道が焼けるようにひりひりする。カテーテルを入れていたせいだ。2〜3日は続くそうで、これは我慢するしかあるまい。

18時に夕食、粥に肉団子の酢豚などでおいしくいただくも、粥は3分の1ほど残した。回診があり、傷口の確認。点滴の痛み止めは終わりで、抗生物質はもう1本。21時に消灯後、すぐに眠りについた。

【入院4日目】
5時頃に目が覚めた。痛みはなく、快調。朝食後、点滴用のチューブを外す。これで、自由に動けるようになった。トイレでは、まだ尿道の痛みと格闘。この日は、集中して読書ができた。

回診の際に、退院の話をいただけると思っていたが、期待はずれに終わった。21時消灯、しかし、全然眠くない。暗い部屋の中でiPadを見るのだが寝苦しい体制もあり、早々に切り上げて目を閉じた。

【入院5日目】
回診後、担当医より退院許可が下りる。早ければ、午後にも退院できるとのことなので、退院を即決。すぐ奥様に連絡を取り、14時に迎えに来てもらうことを約束した。午前中には、身の回りの整理、着替えを済ませ、準備万端。

内臓の一部を取り出したのがわずか3日前,回復ぶりに我のことながら驚く。支払いを済ませ、自宅への帰路についたのは15時であった。

ICUは本当に大変だった。これまでの人生で最も苦しい時間だった。身動きできず、時間が遅々として進まず、絶望感を強く感じると、精神的におかしくなるのは当然。ICUを意識ありで普通に過ごせる方は、並の精神力ではない。

「ICUは様々な症状の方、緊急性が高い患者さんがいる所だからそんなものを置けない」といわれるかもしれないが、せめて、ラジオ、テレビ、そして身内の付き添いがあれば心底ありがたい。

そのような実態に対応できる病院ってあるのだろうか?

 

これまで4回に分けて、私の胆嚢全摘手術の経験談を述べました。

皆さんの参考に、そして、お役に立てればなれば幸いです。