【失敗】欧州車の最大の短所はこれ ほんとに厄介な白サビ落としに挑戦した

欧州車の欠点とは

欧州車にお乗りの皆さん、モールの汚れに悩んでいませんか。

この手の汚れは「白サビ」といって、欧州車のモールに発生します。

調べてみると、欧州規格のモールは日本の湿気などの気象条件に耐えきれずに、この白サビが出来てしまうようです。

液体コンパウンド、そしてピカールなどの液体金属磨きにもびくともしません。

日本規格のモールはこんなことありませんね。

さて、この頑固な白サビをなんとかして落としたい思いに駆られて、我が家の車両部長である旦那に相談しました。

俺も前から気になっていた、いっちょやってみるか!

と快く引き受けてくれました。

白サビ落としプロジェクト

旦那が用意したのはこれ

  • 3Mのサンディングスポンジ
  • マスキングテープ
  • マイクロファイバークロス

サンディングスポンジは5種類あって、番手は次のとおりです。

  • Medium #120-180
  • Fine #240-320
  • Super Fine #320-600
  • Ultra Fine #800-1000
  • Micro Fine #1200-1500

ガラスや塗装面を保護するためのマスキングテープ

使いやすいサイズにカットします

丁寧にマスキングします

プロジェクトは成功したのか

ファインからマイクロファインまで段階的に4種類を使って、時間をかけて丁寧に磨きました。

しかし、下の写真の程度にしか磨くことが出来ず、白サビは依然として猛威を奮っています。

一部、磨きすぎてこんなになってしまったところもあります。

結論、失敗です (;_;)

ホルツから、下のような商品が発売されています。

 

このような商品に頼らざるを得ないのでしょうか。

欧州車のモールの白サビとブレーキダストの問題は、一筋縄では解決しませんね。