【簡単・便利】画像リサイズソフト「リサイズ超簡単!Pro」公式サイト

220クラウン ガス欠になりそうになって思い出した震災の教訓

震災の貴重な教訓

震災を経験した人にとっては当たり前の教訓

燃料計が半分を切ったら給油

震災により車用燃料の供給不足に陥った当時、ガソリンを求めて長蛇の列が発生しました。燃費を考得た結果、ガソリンを入れるのは当時乗っていた軽自動車に決定。ガソリンをを補給するため、長蛇の列に加わっていました。その距離およそ5km。

長い時間車内にいなければならないので、気晴らしに愛犬を乗せて行きましたね。

夜中の3時ころに出かけて並び、ようやくガソリンスタンドに着いて、入れられるガソリンはわずか10リットル

…本当に大変でした。

そんなこんなで、ガソリンは常に満タンにしておきたい、という意識が強くなったんだと思います。

ガス欠寸前で焦った

さて、今回、珍しく給油警告灯が付いたままの状態が続いていたクラウン、冬タイヤに変えてからも燃費は16~17km/lのお利口さんではありましたが、ガソリンメーターが「E」に近づいています。「ガソリン入れなきゃ」と思っていたのですが、機会を逸してしまったというか、余裕をこいてしまったというか、そんな時もありますわな。

仕事の帰りにガソリン入れてくるよ

そう言った朝の段階でメーター内には「給油してください」の文字が。クラウンのメーター内には、ガソリンメーター(アナログ)の他に、残り走行可能距離が表示されるようになっています。表示は残りが後40kmと表示されていました。

ちょっと、本当に大丈夫なの?

ギリギリだね~

燃費と走行距離を計算して余裕をかましていますそして、その日の夕方帰宅するなり、

危なかった~、あと1リットルしか残ってなかった~

ガソリンスタンドに着いた時は、メーター表示が残り7kmの表示だった!

えぇっ!?何やってんの、まったく!

レシートには確かに59リットル給油とあります。早速、クラウンのガソリンタンク容量を調べました。

あれっ?タンクの容量は66リットルだって

今回のギリギリ走行で分かったこと

  • メーター内の残り走行可能距離は60リットルを基準として計算されている
  • 6リットルは予備タンク分と考えておく
  • 6リットルということは、さらに100km程度は走行可能
  • 警告灯が付いてから100km程度は走れると言われているが、クラウンの場合は、警告灯が点いて残り距離数が0kmになってから、さらに100kmほど走れる可能性が高い。

今回は事なきを得ましたが、ガス欠は周りにも迷惑をかけますので「メーター半分になったら給油」を徹底したいと思います。