GR86の異音(右側前方からのカタカタ音)を解決

最近、段差を乗り越えた際に、右側前方から「カタカタ」と音がするようになりました。

はじめは、車内の吹き出し口内部あたりかなと想像したのですが、どうやら室内ではないような。

ボンネットを開けてみると、黒色の樹脂パーツが3箇所、プラリベットで固定されています。

固定されていない側は若干浮いていて、カタカタと音が出ます。

もしやと思い、外してみました。

異音改善その1

左上部にボディに引っ掛ける爪がありますが、やはり、ここら辺が原因のようです。

プラリベットで固定されない側のエッジ部分にクッションとして両面テープを貼り付けてみました。

実は、この両面テープが車内からボンネットを見た際に、光って目立つのです。

しかし、これでもカタカタ音は解消しませんでした。

爪部分のクリアランスを無くさなければなりません。

異音改善その2

固定用の爪部分の浮きを無くすために、クッションテープを小さく切って貼り付けました。

これで、浮きは無くなり、カタカタ音は消えました。

最初に貼り付けた両面テープは運転席側から目立ってしまうので、全部剥がして作業終了です。

わずか2箇所にて解消ということでした。