画像のリサイズソフトの定番「リサイズ超簡単」の公式サイト & 作者監修の雑記ブログ

【GR86】アクアスタイル カーボンシート -その2- サイドエアコンダクトフィン編

GR86車内カーボン化計画が、着々と進行中!

前回と同じグロスタイプ

【GR86車内カーボン化計画】ハザードランプスイッチにもカーボンシート 小さな部品だからこそこだわりを

ハザードスイッチシートと同じグロスタイプのシートを購入してみました。

こちらもブラックカーボンシートの2倍のお値段(2,200円)です。

こちらもビニールシールって感じ
ノーマル状態。無水アルコールでしっかり脱脂した
長さは折り返して円の外周に3mmほど付く程度。フィン部は幅が若干大きめ
中央のシートが若干右側にズレてしまった。パーツが小さいだけに、作業が難しい
運転席側が完成
助手席側も完成

実は失敗

このシート、粘着力が弱すぎて剥がれてくる。

脱脂を丹念に行い、作業後にドライヤーで熱入れをしたのにも関わらず、いとも簡単に剥がれてしまった。

木工用ボンドを薄付けして接着できないだろうか?

これまで、アクアスタイルさんのブラックカーボンシートをクラウンのステアリングに、3M 2080カーボンシートをGR86に貼ってきましたが、カチッと接着されて簡単に剥がれるようなことはありませんでした。

前回ハザードスイッチに貼ったグロスブラックカーボンシートも接着力に不安があります。

こちらのシートは再度剥がれてきたら、すべて剥がすことにします。

ブラックカーボンシートであれば、問題なく貼り付けることができたかもしれません。

剥がれを修理

カーボンシートの粘着力がほぼ無くなっているのが運転席側に3枚、助手席側に1枚あります。

これを全て剥がしてしまうのはもったいないので、木工用ボンドを薄付けして修理してみることにしました。

さて、何で塗るか?

いいのがありました。

これは100均で売っている「スマホのおそうじ棒」

実はこの商品、タッチペン用に買っていたものです。

タッチペンの塗料を点付けする際に最適なのです。

以前はHoltsから同じようなスティックが販売されていましたね。

これを使って少量の木工用ボンドをフィン側に塗布して、粘着力が無くなったカーボンシートの再貼付けを行いました。

木工用ボンドなので剥離も簡単ですし、はみ出してしまった箇所もこすれば簡単に除去できます。

何より、プラスチックへの侵食がないのが助かります。

しばらくこれで様子を見ましょう

※貼付けは個人のスキルに依るところが大きいので、本記事はあくまでも参考例としてご覧ください。