泡洗浄用のフォームキャノンを購入 [ TOOL DAILY Foam Cannon ]

ダイソーの激泡製造噴霧器に気を良くした旦那。

ダイソーの噴霧器を改造してアワアワ洗車をしたらとても気持ちよかった

次は車全体を泡で洗いたいとのことで、高圧洗車ガンに付けるフォームキャノンを購入しました。

どんどん欲望が膨らんできています。はたまた、これから一体どうなるのか?

TOOL DAILYのFoam Cannon

この手の商品はかなりの商品が出回っていて、価格も2,000円から1万円オーバーと様々。

ある洗車動画で、この商品を使っていて評価が高かったので、そして値段もおよそ3,000円ということでアマゾンから購入しました。

 

この箱に送り状が貼り付けてありました。超簡易包装ですね。

中身はこのとおりです。

ボトル部、スプレー部、付属品、説明書

白いポリ容器にシールが貼り付けられています。

スプレー部は真鍮製で頑丈な作りです。

後述するオリフィスノズルと詰まり除去用のピンも付いています。

黒いノズル部分を回転させると、中央の金属の板同士の間隔が変わります。

黒いツマミで泡量を調整します。実際のところ、どんな泡が出るのだろう。

1/4″クイックコネクターにより、ワンタッチで高圧洗車ガンに接続できます。

そのコネクター部分をスパナを使って分解すると…

中にオリフィスノズルというネジが入っています。

左が通常のもので、右がオプションとなる。それぞれ、穴の大きさが1.25mmと1.1mm。

小径の方がより決めの細かな泡が作れるということです。

この商品はこのオリフィスノズルが2種類付属するのが最大の特徴と言えます。

オリフィスノズルを交換し、とりあえず完成です。

洗剤の調合

初めてのフォームキャノンには、いつも愛用しているウィルソンの泡仕立てシャンプーを使うことにしました。

この洗剤は、330倍の希釈率を誇る超濃縮タイプです。

バケツで泡立てる際は水10Lに対してキャップ1杯(30ml)ですが、今回は20%の希釈率で調整してみました。

泡仕立てシャンプー100mlに水400mlです。

泡仕立てシャンプーキャップ3杯に水を加えました。

実際に使ってみた

ボルボに使ってみました

次に、リョービのフォームランス用洗剤を使ってクラウンを洗車しました。

  • 洗剤100mlに水400mlで調合

泡の状態は結構いい感じです。

ねっとりとした泡でスポンジ洗いが出来ました。

泡が乾きにくいというのが最大のメリットです。

2台ともきれいな美人さんになりました。

とりあえず使ってみた感想
  •  ダイソー噴霧機改のような激泡は出なかった
  •  液剤の割合は今後調整が必要 ← これも楽しみの一つ
  •  粘土が高い泡が乾きにくく、スポンジ洗いが楽しい
  •  部分ブラシ洗いにも最適な泡洗車

今後の試行錯誤が楽しみです。