【これで合格?】公認心理師試験 資格取得までの道

これは、資格を取得するために奮闘する旦那さまの汗と涙の記録です(^_^;)。公認心理師合格までは、まだ遠い道のりですが、合格すると信じて、その過程を記します。

以下、旦那さまへの取材を元に編集してあります。購入した本の書評等は、活用し次第追記していきます。

私は、まず「CFP」取得を目指して奮闘中。こちらも機会があれば記事にしたいと思います。

「学校心理士」の資格取得

[令和元年]

2月~

もともと理系の私、心理学系の勉強はしたこともなく、疾病や治療などにも全く興味のない人間でした。妻が「ファイナンシャルプランナー(AFP)」や「DCプランナー」の資格を取得し、さらに「ファイナンシャルプランナー(CFP)」や「宅建士(国家資格)」を取るべく努力している姿に触発され、自分も何かしらの資格を取ろうと決意。

今、心理士系の資格を持つ人の需要が高まってきており、精神疾患は国が定める5大疾病(がん、脳卒中、心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)の一つにもなっています。自分が全く分からなかった分野で、しかも今後持っておくことが有用な資格として心理系の資格を取ろうと決めました。

カウンセラーとして活躍している方は臨床心理士という資格を持っていることが多いのですが、この資格は大学院を卒業しなければ取得ができない。では、大学院を卒業していなくても取れる心理系の資格として、しかも結構難易度が高い資格をネットで調べてみると次のランキングがありました。

参考 心理カウンセラーの資格難易度ランキング通信講座で心理カウンセラーの資格を取ろう!

やはり臨床心理士は現状無理。ランクB(取得は結構難しいランク)として「学校心理士」がありました。

学校心理士認定運営機構・日本学校心理士会のHPを見て、受験を決意。

早速、受験の手引きを取り寄せ、申請書類を準備、5月1日から6月20日の受付期間内に応募。

8月3日 学校心理士 受験(東京会場)

早朝の新幹線で東京駅へ。会場までグーグルマップに頼るも、現在位置が定まらず、多少迷うも9時過ぎには試験会場に到着。10時から2時間の試験開始。大問2問で1200字の小論文を2つ提出。論旨の方向性を多少見誤ったかと後悔したが…

 → なんとか合格できました!

[学校心理士取得までの費用]

  1. 受験の手引・申請書、ガイドブック、過去問題集:6,000円
  2. 認定審査料:32,400円
  3. 登録料・会費:50,000円
  4. 旅費:40,000円程度

およそ、13万円といったところでしょうか。

この資格は5年更新なのですが、5年間の内に各種研修会や大会に参加してポイントを10ポイント以上取らないと更新資格が得られません。これってけっこう大変だと感じました。※全国大会に参加すれば、ほぼ取れるらしい。

さて、一つの資格が取れると、次の資格も狙いたくなるのが人情。次に狙うのが…

国家資格「公認心理師」

国家資格だけあって難易度は高い。受験に関する経過措置があり、自分も適用範囲内。公認心理師の資格があれば、今後、医療、司法、教育などの多職種において活躍の場が広がりそうです。

俄然意欲が湧いてきました。

受験に関する内容は 一般財団法人 日本心理研修センター のHPに詳しく載っています。

そこで、とりあえず購入してみたのが下の参考書。

9月20日 「公認心理師 出る! 出る! 要点ブック+一問一答」を購入

この参考書はブループリント(出題基準)に準拠していて、コンパクトながら内容が分かりやすく簡潔にまとめられている。暗記主体になりがちな初期の勉強ではたいへん役立つ。フォントも見やすく、疲れにくい。インデックスを付けながら一章ごと繰り返し、反復定着を目指したい。「一問一答」や「章末問題」もあって記憶の確認に有効だが、これは◯か✕の2択。本番の問題は1問あたり4~5の文章から1~2つの正答を選ぶ形式なので、実践的には問題集にあたる必要がある。この赤版である程度知識を定着させた後、青版ペンギン本に取り組むのが良いだろう。

少し読み進めただけで、「これは、しっかり勉強しないと太刀打ちできそうもないな」と分かりました。見たことも聞いたこともない言葉がほとんどですから。

この本自体は、内容がよくまとめられていて読みやすく分かりやすい。まずは、この参考書をしっかりと覚えようと決めました。

  • インデックス付け
  • アンダーライン
  • 反復

というのが私の勉強のセオリー。特にインデックスを付けの作業は脳内優先順位を明確にできるとともに、自分だけの参考書づくり(愛着が湧く)にとても有効な手段です。

でも、気がかりなことが頭から離れません。それは、経過措置該当の者には「現任者講習会」の受講が必要であることでした。これは、厚生労働省が認めた、いわゆるGルートの人の受験に絶対必要な要件となります。

この現任者講習会は様々な団体が行っていますが、平日の夕方から始まり夜までびっしり、それを4~5日間で正味30時間の受講が必要なので、仕事をしている者にとってはハードルが異様にに高いのです。私が住んでいる県内でも現任者講習が行われるのですが、平日開催のため参加は絶対に無理。

仕事を休んでまで行くことはできません。

勉強を始めたものの、この現任者講習会に参加できるのかできないのか、悶々としていました。

現任者講習会の開催についての情報は厚生労働省のHPで確認ができます。

ある日このHPを確認したら、「日本スクールカウンセリング推進協議会」が開催する現任者講習会が目に止まりました。

  • 講習会①②:11月30日(土)、12月1日(日)
  • 講習会③④:12月21日(土)、12月22日(日)

なんと土日だけの研修会、体が震えましたね。

これで、最も懸案だった現任者講習会をクリアできる!と。

申込みはネット上で、10月28日(土)午後12時30分から。

しかし、新たな不安がよぎります。

  • 定員は何人なのだろう?
  • 参加定員内に収まることができるのだろうか?

現任者講習会はどこも、すぐに満員御礼状態。

新たな高いハードルがメキメキと音を立てて目の前に立ちふさがりました。

運命の10月28日(現任者講習会の募集開始日)

この日は、天気が良く、クラウン君とボルビーの2台を洗車していました。10時ころから始めて終わったのが、12時40分。

「んっ?なにか忘れているような?」

「んっ、12時40分!」

「げっ、申し込みが始まってる!!」

顔を青くしてツナギを脱ぎ捨て、パソコンにすがりました。

「やばい!やばいぞっ!あれだけ心配していたのに、何やってんだ!」

後悔してももう遅い!時刻は12時45分を過ぎようとしています。

  1. PCをスリープから復帰させ、ブラウザを起動して申込みのリンクをクリック。
  2. 運良く申し込みができる状態になりました、が、何か不安がよぎり、前のページにバックしてしまった。
  3. 再度申し込んだときには、「「整理番号00045」は既にこの時間帯で利用されております」とのページが繰り返し表示されるのみ。ブラウザの強制リロードをしてもだめ。
  4. アウトか・・・諦めかけたところ、Macで動かしているパラレルデスクトップ(仮想OS)上のWindows10のブラウザから申し込んでみては?とひらめき、早速申し込み。
  5. なんと、申込み処理が無事に完了となり、ヘナヘナと体から力が抜けた。

無事に表示された画面「登録完了」

この現任者講習会の定員は120名、自分は残すところあと一桁台で席を確保することができたのです。

現任者講習会の費用などは以下のとおり。

  1. 現任者講習会受講料:70,000円
  2. 現任者講習会テキスト:4,180円
  3. 旅費、宿泊費:約60,000円

およそ14万円ほどとなりました。今後、受験申請料等が加わるので、20万円ほどはかかるかと。しかし、経過措置が切れれば、受験資格を得るために大学で勉強をしなければなりませんから、この20万円は安いものと言えるでしょう。

絶対3回以内で合格したい!いや、1回で合格したい!

と強い希望が湧き上がりました。

現任者講習会

11月30日-12月1日 日本スクールカウンセリング推進協議会主催の現任者講習会①に参加(東京成徳大学)

これ以降、本格的に公認心理師資格取得に向けた勉強を開始

12月21日-12月22日 日本スクールカウンセリング推進協議会主催の現任者講習会②に参加(東京成徳大学)

計4日間の現任者講習会、貴重な経験だった。現任者講習に参加していた方々は30~40代が多く、毎日90分✕5の講義には6人のグループ検討のコマもあり、職種間の様々な交流ができた。勉強することの素晴らしさとありがたさを改めて感じることができた貴重な時間、そして、東京への旅行気分も味わえるという、近年まれに見る充実した時間を過ごした。特に、田中 速 教授の講義では、豊富な知識と実践に基づいた内容とテンポの良さ、ユーモアによって大変楽しく聴講させていただいた。

12月1日 忙しい人のための公認心理師試験対策問題集(上・下巻)

12月2日 精神診療プラチナマニュアル 購入

12月2日 一発合格!公認心理師対策テキスト&予想問題集 購入

12月8日 公認心理師完全合格問題集 購入

12月23日 日本心理研修センターHPで受験スケジュール確認

12月25日 統合失調症小史(石丸 昌彦)により、統合失調症の歴史と病状等について確認

ブロイラーの4A(連合弛緩、感情鈍麻、自閉、両価性)敏感さ、シュナイダーの一級症状と二級症状、特異性

12月28日 公認心理師完全合格テキスト(2月下旬発売予定) 予約

俗に言う、「ペンギン本」3部作を手に入れることになりました。見やすいし、今のところ最強だと思われます。

[令和2年]

1月6日 心理学手帳 購入 巻末の資料が秀逸

B6版の使いやすいサイズ。巻末の資料はよくまとまってあり、要点を確認するのに役立つ。強いて言えば、ダイアリー部分の紙質を向上させてほしい。文字の裏写りが気になる。能率手帳や高橋手帳を使ってきた経験から、紙質は重要だ。

いろいろ参考書や問題集を買ったのはいいけど、まだ、赤版のペンギン本に取り組み中、なかなか進捗が…

ブループリントを見ると「心理学における研究」統計関係(とにかく覚えにくい)は出題率2%、あえて捨てようかと思案中。

1月11日 「受験の手引」の請求開始について確認

いよいよ始まる、という緊張感が高まります。

1月12日 心理学 キーワード&キーパーソン事典 購入 用語の確認のため

1月15日 受験の手引 クレカ支払いにて注文終了

  • Gルート受験に必要な実務経験証明書の発行に向けて準備
  • 証明権者にお願いの電話

1月16日 実務経験証明書発行に係る関連書類の発送

すぐに返送していただいた

関係機関に感謝

2月2日 赤本 公認心理師国試対策2020 購入

ブループリントで示されたワードについて解説があるので購入

  • 紙質が厚く、蛍光ペンが裏写りするタイプで少々使いにくい
  • 文字の密度が高くて、読みにくいが、必要な情報と問題が1冊にまとまっていると考えれば良いテキスト

2月29日 心理教科書 公認心理師 完全合格テキスト 到着

  • ペンギン本は最高
  • 何と言っても、読みやすい レイアウトの妙
  • 赤本から問題を除いて、解説を格段に詳しくした
  • 読み物としても面白い
  • 青本(過去問)と併用すれば、かなり効果が高い

3月9日の受験申し込みが近づいてきている

とにかく、時間をみつけて勉強せねば… と気ばかりが焦る今日このごろ…

受験申し込み

3月10日 大安の良き日に申込書類を発送

すでに、験を担いで神頼みに足を踏み入れているような…

ここは捨てた(ペンギン緑本)
  • 11.心理データの分析を行う様々な手法
  • 12.テスト理論
  • 13.統計に関する基礎知識
  • 14.統計的仮説検定
  • 15.確率分布、標本分布

4月14日 第3回公認心理師試験延期 決定

厚生労働省のHP プレスリリース

6月21日に予定されていた試験は延期となった。実施は秋以降ということになると思うが、情勢によっては今年度中止の可能性も。

モチベーションを保つのは難しい。対策スケジュールを立て直す必要がある。