面白いレトルトカレーを見つけた キーワードは酒粕とモジャ 気になるお味は?

いつもの仙ぶら、いつもの明治屋で食材を選んでいると、なにやら面白そうなレトルトカレーを発見しました。

明治屋には日本各地で有名な商品がたくさんあって、珍しいレトルトカレーが売られています。

獺祭酒粕カレー!

純米大吟醸酒の獺祭といえば、山口県の有名なお酒ですね。

「純米大吟醸の獺祭酒粕を使用しています」

ほぉ~、これはカレー好きの旦那に食べさせないといけないわ。

製造元は永谷園とな、へぇ~、こんなのも作るんだね。

生まれてこの方、酒粕入りのカレーなど食べたこともないので、私としても大いに興味がそそられます。

さて、気になるそのお味は?

このような企画ものは、大概失敗の憂き目に合うのが世の常です。

ただいま、今日の夕飯は何?

いつものルーチンで旦那が尋ねます。

今日はね、楽しみにしていた獺祭カレーだよ!

そりゃいいや、どんな味なんだろうなぁ?

旦那も興味津々です。

湯煎で5分とありますので、きっちり温めてからいざ開封!

つや姫のごはんに200gのカレーをかけました。

期待を込めて一口、すぐさま旦那の顔が…

どう?

んっ!酒粕って言えばそうなのかなぁ?

普通のレトルトカレーだね。

どうやら、御眼鏡に叶わなかったようです。

モジャカレー 辛口

東北に住む私達にとってモジャカレーは初めて見るカレーです。

参考 モジャカレー大阪、神戸、姫路で人気の本格カレー専門店

レトルトカレーのナンバーワンはホテル白萩のビーフカレーでしたが…

最高に美味しいレトルトカレーは「ホテル白萩 ビーフカレー」

結論から申しますとモジャカレーがナンバーワンの美味しさです。

期待を込めて一口、すぐさま旦那の顔が…

どう?

フルーティでコクがあり、しっかり辛い!

レトルト臭さがない!

レトルトだが本格カレーの味!

これは美味しい、リピート確定!

こちらは御眼鏡にかなったようです。\(^o^)/

しかし、この人、毎日カレーでもいいんじゃないかしら?

京都 ユーサイド トマトケチャップ

こちらはカレーではないけれど、珍しいトマトケチャップを買ったので…

京都の大洋産業というメーカーで製造しているもので、300gでなんと600円の商品。

なんと、通常の3倍の値段です。

鮮やかというよりは、なにかどぎつさを感じさせるパッケージです。(^_^;)

ある意味、この色のセンスはすごい…違う意味で存在感半端なし。

こだわりの材料をふんだんに使っているのでしょう。

中身も色が濃い!

ケチャップと言ったら、やっぱりオムライスですね。

粘度は普通ですが、やっぱり色が濃い!

肝心のお味ですが、トマトの風味が強くて、素材にこだわっていることがよく分かりました。

濃い目の味なので、写真のようにたくさんかける必要はありません。

付け合せの唐揚げにつけてみましたが、美味しかったです。

一度試してみてはいかがでしょうか。