明治屋のカレールーと南部鶏もも肉でチキンカレーを作って舌鼓

前の記事で給食カレーの作り方を紹介しました。

給食センターのレシピ 給食カレーの作り方 ほんのちょっとの工夫で超美味しい!

今度は、明治屋ストアー推奨品のカレールー(辛口)と同じく明治屋の南部鶏もも肉を使ったチキンカレーを作ったので紹介します。

我が家のチキンカレーの特徴

我が家のチキンカレーの材料です。

  •  鶏もも肉(唐揚げ用)今回は明治屋で購入した南部鶏
  •  玉ねぎ
  •  人参

という至ってシンプルなもの。

カレールーは明治屋ストアー推奨品で辛口を選びました。

我が家では、鶏肉に一手間加えて超美味しいチキンカレーにします。

  1.  鶏肉に塩コショウ
  2.  カレー粉をまぶす
  3.  無糖ヨーグルトを加え、揉み込み冷蔵庫で1時間なじませる
  4.  鶏肉の皮目から焼き色を付け、火が通ったら皿に移しておく
  5.  鶏肉の油が残ったフライパンに野菜を入れて焼く
  6.  水と炒め玉ねぎペーストを加え15分間、弱火で煮る
  7.  火を止め、カレールーを入れてよく溶かす
  8.  再び火を入れ、とろみが付くまで弱火で煮る
  9.  食べる直前に④の鶏肉を入れ、味をなじませる

タンドリーチキン風に焼いた鶏肉が独特の旨さを引き立たせてくれます。

超うまいチキンカレーができた

台所にスパイシーな香りが立ち込め、食欲も最高潮。

おいしそうなチキンカレーが出来上がりました。

贅沢にも、大きなチキンを4つも入れました。

ご飯はもち麦をブレンドして、プチプチとした食感がカレーとの相性抜群です。

鶏肉にしっかり味がついていて柔らかく、最高の食感です。

肝心のルーはかなり辛く、ジャワカレーの辛口より若干辛いという印象です。

やはりチキンカレーは辛くなくては、それが私達の不文律。

夏にピッタリのカレーを食べられて、一時の幸せを味わいました。