「ハウス ザ・カリー」の美味しさに舌鼓

こんな記事です
最近はレトルトカレーにハマっていた我が家。久しぶりにカレーを作り、その美味しさに改めて驚きました。今回使ったのは高級カレーといわれるもの。

久しぶりの家カレー作り

久しぶりに家カレーを作ろうか!

我が家では、カレー作りは旦那の役割。

レトルトカレーの美味しさにしばらくハマっていて、私が大好きな家カレーはしばらくお預けでした。

我が家の定番といえば「ジャワカレーの辛口」。

辛さとスパイシーさの絶妙なバランスが味わえる人気商品。

“口にひろがる香辛料の爽快な香りと辛さ、ローストオニオンの深いコクが特徴の、スパイシーで深みのあるカレーが味わえます。”

参考 ジャワカレー 〈辛口〉ハウス食品

ハウス ザ・カリー

さて、今回はちょっとお高めのルーを使ってみようということで選んだのが同じハウス食品の「ザ・カリー」

“「特製ルウ」と「別添ブイヨンペースト」で作る、ハウス最高級のコクと香りが楽しめるカレーです。
赤ワイン・香味野菜などのうまみ、りんごの甘みを閉じ込め、ブイヨンのおいしさを醸しだした『ブイヨンペ-スト』がカレ-のコクと香りをいっそう引き立てます。”

参考 ザ・カリー 〈辛口〉ハウス食品

我が家のカレーはメーカーのレシピ通りに作るのが基本。

TVでソースやケチャップ、コーヒーなど独自のレシピで作ったカレーと、レシピ通りに作ったカレーを比べたところ、レシピどおりが最も美味しいという結果が出ていたのが理由。

実際のところ、レシピどおりが一番美味しいという結論に。(といっても、炒め玉ねぎペーストと香り付けのにんにくだけは入れている(*^^*))

今日の具材は

  • 人参 1/2
  • 玉ねぎ大 1/2
  • 豚バラブロック200g
  • サラダ油 にんにく少々
  • ハウス ザ・カリー
  • 水 600cc この量だとかなりドロッとした仕上がりになる

  1. 豚バラはブロックで買ってきて、1×1×3cm上のブロックに切り、にんにくの香りがついた油で表面がカリカリになるまで焼いた。
  2. 人参と玉葱を投入して、玉ねぎの色が変わってくるまで焼く。我が家では、しんなりするまでは焼かない。
  3. 水と付属のブイヨンを投入して、15分弱火で煮込む。ほのかなスパイスの香りがする。ブイヨンで煮込むことにより、旨味が肉や野菜に染み込んでいく。
  4. 火を止め、ルーを割り入れる。その後、10分ほど弱火で煮込む。

 

作り方はいたってシンプル。

だが、今回は①の手順が功を奏して、お肉の味が逃げずに、柔らかく美味しくいただけた。

  • ルーの色は艶があって濃いめ
  • ジャワ程ではないがしっかりとした辛さがある。
  • 奥深いコクと後から香るスパイシーさによる濃厚な味わいを楽しめる。
  • まさにお店感覚。

前の記事で紹介した「ホテル白萩 ビーフカレー」も美味しいけれど、それ以上の満足感を味わえた逸品でした。

最高に美味しいレトルトカレーは「ホテル白萩 ビーフカレー」


猫は片足だけ突き出しながら、料理の様子を眺めていました。

猫って人間を「出来の悪い大きな猫」として見ているとのこと。

今回の料理をどのように見ていたのでしょうか。