洗車時のストレスを軽減するアイテムはこれだ ホース関連ベスト3

洗車時のストレス ホース関連ベスト3

洗車を生きがいとしている旦那に、洗車時のストレスを聞いてみました。

今回はホース関連のストレスベスト3です。

  1.  洗車ホースの引っ掛かり
  2.  洗車ホースのねじれ
  3.  高圧洗浄機と散水ノズルの切り替え

① 洗車ホースの引っ掛かり

洗車時はホース内に水が充満していますから、しなやかな動きはできません。

高圧ホースも普通のホースもタイヤと地面の間に引っかかってしまい、力任せに引っ張るとボディにホースが打ち付けられてヒヤッとすることが幾度となくあります。

これを解消するグッズがこちら。

アイデア商品とも言えるグッズですがおよそ1,000円ほどと、結構な値段がします。

裏側には特に滑り防止などの機能はありません。

このように、ホースが通るタイヤ側に置きます。

たったこれだけですが、効果は素晴らしいです。

洗車時の最大のストレスから解消されました。

ホースは八の字巻きで保管することを忘れずに。

八の字巻きはホースを伸ばした際、直線状にするために必要な巻き方です。



② 洗車ホースのねじれ

洗車時にはノズルガンをひねるので、ホースがねじれてしまいます。

すると、ノズルガンの下から伸びるホースが体の近くでたわんでしまい、ボディに当たることがあります。

それを解消するのが「高圧洗浄機のスイベルジョイント」です。

下の写真はこれまでの接続部分で、固定となります。

下がスイベルジョイントを装着したノズルガンです。

ノズルガン > スイベルジョイント > 接続アタッチメント となります。

溝が見える部分が回転するので、気になるホースのたわみを簡単に修正することができます。

最下部の接続アタッチメントが回転してしまい、高圧ホースとしっかり接続できないのではないかと心配しましたが、接続アタッチメントのナット部が大きいため、手でしっかりと固定することができました。

 

③ 高圧洗浄機と散水ノズルの切り替え

以前は蛇口のアダプターとして下の商品を使っていました。

蛇口からシャワー、そして一つの分岐タイプで、通常のホースと高圧洗浄機のホースを取り替えながら使っていました。

しかし、いちいち面倒くさく効率が悪いので同じメーカーの2分岐タイプを購入しました。

高圧洗浄機を使わないときは、付属の接続アダプターに養生テープを貼って栓代わりにしています。

ちなみに、散水ノズルはタカギの金属製です。

耐久性があり、重さも適度で気に入っています。

高圧洗浄機と散水ノズルの使い分けは次のようにしています。

  • 高圧洗浄機:ほぼ全般
  • 散水ノズル:ホイールの仕上げ時、スケール除去後の洗浄、早朝で高圧洗浄機が使えない時


さて、いかがでしたでしょうか。

ちょっとしたアイデアと投資によって、洗車のストレスが激減しました。

次回は、拭き上げについてまとめてみたいと思います。おたのしみに。