公認心理師登録証が届きました これで晴れて「公認心理師」と名乗れます

公認心理師試験合格証が届いて翌日には登録申込みを発送した旦那。

それから41日後の3月27日(日)に、待ちに待っていた公認心理師登録証が届きました。

タイヤ交換をしていたところ郵便局の配送車が止まり、もしやと思ったそうですが、登録証が届くのには2ヶ月から3ヶ月かかるとされていましたから、半信半疑だったようです。

差出人欄を確認すると、日本心理研修センター。

思いの外早い到着に大喜びです。

登録証はレターパックプラスで届きます。

中身は登録証と変更登録の手引の2種類

色々と世話になった。一番先にこの登録証を開いてくれ。

なんと旦那は私に開封・初見をさせてくれました。感激!

登録年月日は3月5日(金)でした。

なんと立派な登録証!

文部科学大臣と厚生労働大臣の連署ですね。


公認心理師登録証が届いたことで公認心理師と名乗ることができるようになりました。

公認心理師とは、公認心理師登録簿への登録を受け、公認心理師の名称を用いて、保健医療、福祉、教育その他の分野において、心理学に関する専門的知識及び技術をもって、次に掲げる行為を行うことを業とする者をいいます。

 

「保健医療,福祉,教育その他の分野において,専門的知識及び技術をもって,

 

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態を観察し,その結果を分析すること。
  • 心理に関する支援を要する者に対し,その心理に関する相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
  • 心理に関する支援を要する者の関係者に対し,その相談に応じ,助言,指導その他の援助を行うこと。
  • 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供を行うこと。」

今後、この資格をどのように生かしていくのかは未定ですが、可能性をあれこれ考えるのは楽しいものです。