【大戸屋に行った】仙ぶらでお食事

久しぶりの「仙ぶら」に行ってきました。

私はZARAでジーパンとTシャツを購入。

旦那さまはAYUMI BOOKSで本を購入。

先日テレビを見ていたら、大戸屋の料理の特集(メニューを一流料理人に判定してもらう)をしていました。

その時から、仙台に行ったら大戸屋で食事をしようと決めていました。


私は豚と野菜の豆鼓炒め定食(890円)を、旦那さまは香味唐揚げを単品(700円)で注文しました。

実は、旦那さま、単独行動をしていたときに、お腹が空いて軽く立ち食いそばを食べたとのこと(怒)。

さて、豚と野菜の豆鼓炒め定食です。大戸屋といえば、五穀米ですね。

女性は白米より断然こちらです。

肝心のお味はというと、回鍋肉より若干薄味な感じ。豆鼓炒めの特徴ってなんなのでしょうか?

豆鼓とは、黒豆に塩を加えて、発酵させて、水分を減らした食品。塩辛く風味が強いが、アミノ酸などのうまみ成分を多く含み、まろやかなコク味とふくよかな香りもあわせ持つため、料理の味に奥行きを持たせることができる。刻んだものを回鍋肉や魚介類の炒め物などに用い、また、素材と合わせて蒸し、味と香りを付けるのにも用いられる。広東料理、四川料理、湖南料理などの調味料として多用される。(Wikipedia

なるほど、回鍋肉にも使う調味料なんだ。

具材は、豚肉(バラ肉?)、なす、キャベツ、人参、ブロッコリー。

やっぱり、なすが効いていますね!

今度、回鍋肉を作る時、この具材で作ってみようかしら?


さて、香味唐揚げ。私も1個お相伴です。

唐揚げが4つの方を頼みましたが、6つのもあります。

小鉢の液体は野菜ドレッシング、もう一つの方はカレー味の粉末です。

唐揚げは大きめで、カリッと揚がっています。いい音がします。

お味はというと、にんにく系ではなく、上品な醤油系といったところです。

ガッツリ系を好む人には向かないかもしれませんが、逆にそれが苦手だという人には一択かもしれません。

旦那さまは唐揚げ大好き人間でして、曰く「かつやの唐揚げが今の所一番だった(現在、メニューから無くなっているようです)」と言っています。

カレー粉は味の変化には効果的で、にんにくガッツリ系ではないからこそバッチリ合いますね。

野菜は冷え冷えで、さっぱりと美味しくいただけました。

旦那さま、うれしいことに「この唐揚げも美味しいけど、君が作ってくれる油淋鶏が一番だ」って言ってくれました。

うれしい! 明治屋で美味しい胸肉を買って、また作ります!

さて、今回のお会計は、1,590円でありました。

以前食べた、味噌かつ煮定食は味が濃くてボリュームもあって、満足度は高かったですね。

そして、たらの甘酢あんも美味しかったなぁ。

まだまだ、たくさんのメニューがあるので、いろいろと挑戦してみたいと思います。

 

今日はここまで。

ご覧いただき、ありがとうございました。