吉野家の超特盛弁当を買ってみた

先日、久しぶりに吉野家の牛丼を食べました。

とっても美味しくて、親方七味をかけたら更に美味しくて、大満足でした。

吉野家の牛丼を親方七味で味わったら…味と風味が神領域に

その記事の中で予告していた「超特盛」を思い切って買ってきてみました。

さすがに店内で「超特盛!」とは言えないので、ドライブスルーです。

ちなみに吉野家のご飯と牛肉の量は次のようです。

牛肉+玉ねぎご飯合計
小盛68g188g255g
並盛90g250g340g
アタマの大盛110g250g360g
大盛110g320g430g
特盛170g320g490g
超特盛220g320g540g

超特盛は大盛と同じご飯に大盛の肉が2倍となっています。

確かに並盛とは全く違うずっしり感があります。

親方七味(中辛)をまんべんなくふりかけます。

もうすでに良い香りが立ち上がります。

そして、紅生姜をお店でかけるのと同じくらいにたっぷりと。

最初は「紅生姜丼」として味わうのが私流!

で、超特盛を食べてみた感想ですが…

う~ん、特盛との差があまり感じられなかったかなぁ。

比べれば確かにお肉が多いんだろうけど、特盛も結構な量があるので、私の場合両方を並べないと体感できないのかもしれません。

男性であれば、並盛2つというのもありかも。

  • 並盛2つ:値段760円、お肉180g、ご飯500g、カロリー1304kcal
  • 超特盛:値段780円、お肉220g、ご飯320g、カロリー1169kcal

いずれにせよ、吉野家の牛丼は美味しいことにはかわりはありませんね。

中毒性のある牛丼、また近いうちに買っちゃうんだろうな…