画像のリサイズソフトの定番「リサイズ超簡単」の公式サイト & 作者監修の雑記ブログ

【鼻うがい】鼻汁に悩んでいる人にぜひともおすすめ

鼻が詰まって仕方がない

年中鼻が詰まって、点鼻薬が手放せない!

一応、血管収縮剤入りのは使わないように気を付けているのだけれど、ステロイド入りのは使える期間が限定されているのと、即効性がないので本当に辛いときには今ひとつ役立たない。

一体何がアレルゲンなのか、または副鼻腔炎が慢性化しているのか分からないのだけれど、特に朝方の鼻詰まりが本当に辛い!ああ、辛い!

自分の場合はゆるい鼻汁というよりは、粘土が高い鼻汁が詰まることが多くて、鼻をかんでもスッキリしない!

本当に酷いときは、アレルギー性鼻炎用の錠剤を飲む。

これが結構効くのだけれど、錠剤を毎日飲むっていうのがちょっとワタシ的にはNGなのだ。

鼻うがい

そこで、「鼻うがい」を試してみた。

鼻うがいの溶液は作るのがとっても簡単で、容器さえ用意すればよい。

  • 水500mlに対して、塩小さじ1杯、重曹小さじ半分

さて、肝心の容器だけれど、はじめは100均にあるドレッシングボトル。

ノズルを鼻に入れてボトルをギューッと押すんだけれど、鼻穴とノズルの隙間から溶液が漏れ出し、効率よく溶液が入っていかない。

そこで、専用容器なるものをネットで見つけて購入してみた。

これが良くできていて、ボトルを下向きにしてノズルを鼻穴に入れ、ボトル底部の栓を押すと、溶液が自動的に噴出する仕組みになっている。

購入したのは300mlタイプで一回り小ぶりのもの。結果この大きさで十分だった
ノズルは2種類付属。一つ穴は勢いが良いが洗浄範囲が狭く、三穴は勢いが弱めだが、洗浄範囲が広いらしい

水の勢いは結構あって、多少鼻が詰まっていてもそれを突破する程度の圧がある。

500mlタイプであれば、もっと圧が高いかもしれない。

片方の鼻穴を洗浄すると、もう片方の鼻穴から洗浄液が出てくるので、当然服が濡れてしまう。

そこで、朝シャワーを浴びる際に鼻うがいを実行することにした。

結論、1日快適に過ごせる

鼻詰まりが完全に解消されるわけではないが、頻繁に鼻をかむことがなくなったし、夜に鼻詰まりで起こされることも減った。

効果は確実にあった。

かの有名な山下達郎さんも毎朝鼻うがいをしているらしい。

この良さを味わうと、もっと早く習慣化しておけばと後悔しきり。

鼻詰まりで悩んでいる方は薬ではなく、まず鼻うがいを継続してみることをオススメする。