気仙沼 小野万の塩辛が最高に美味しかった

出会いは突然やってくる

たまに無性に食べたくなるご飯のお供、明太子、佃煮、おから、昆布、梅干し…そして塩辛。

普段食べる「赤造り」はイカの切り身に肝と塩を加えて発酵させたもの。

酒のあてとしても美味しいのだが、やはり炊きたてのご飯に乗せて食べるのが好き。

いつも行くスーパーの鮮魚コーナーを眺めていたら、「塩辛職人」のパッケージが目に入った。

製造元は

宮城県気仙沼市にある小野万という会社。

イカの加工品をメインに数々の商品を開発している。

東京などの大手メーカーではないことの「安心感」もあって、試しに買ってみた。

海の街、気仙沼産だからきっと美味いんだろうな、と。

期待を全く裏切らない塩辛でした。

率直な感想

この塩辛について
  • まず最高と言いたい
  • イカのシャキシャキ感が感じられる
  • 甘すぎず辛すぎない絶妙な塩加減
  • ご飯よし、酒よし
  • 1パッケージ(220g)でご飯5杯分程度の量
参考 美味しい塩辛小野万ホームページ

紹介して食べてもらった人にも大好評だった。

ぜひ、ご賞味あれ。