【感動】菊地食品のキムチと海苔巻き

またまた行ってまいりました、「あら伊達な道の駅」へ。

今回は、花山にある道の駅「路田里 はなやま」に行く途中に寄りました。

いつにも増して、ものすごい人。店内はまさにごったがえ。予想来客数を大幅に上回っているのか、店舗の設計としてはちょっと。人と人がすれ違えない、狭すぎ。

ROYCE’のチョコレートを買うだけが目的だったので、すぐに駐車場に戻ろうとしていたところ、旦那さまがふと足を止めました。そこにあったのは、美味しそうな自家製キムチと韓国海苔巻き。韓国のドラマ「春のワルツ」や「ミセン」を見て、韓国海苔巻きの味に興味を持っていた旦那さまは興味津々。

元気のいい韓国人の奥さんが、「このキムチには梨をいっぱい入れてあるのよ。梨を入れないとだめなの。」「今日帰ったら、夕方から冷蔵庫に入れてね。一層美味しくなるよ。」と明るく説明してくれました。

キムチ(750円)と海苔巻き(350円)を購入。早速ベンチに座って食べてみました。

な、なんだ、このキムチの美味さは!

キムチを一口食べた旦那さまは驚きの表情。

私も食べてみたら、真っ赤な見た目とは違って程よい辛さの中に爽やかな甘さ、そして白菜のシャキシャキ感に感動。これまで食べたキムチの中で最高峰の美味さです。様々な焼肉屋、スーパーで売っているメジャーなキムチのどれよりも美味しいのです。

そして、海苔巻き。たくあん、ごぼう、人参、ほうれん草、卵焼きの具がたっぷりで、ご飯は少なめ。日本のとは違って酢飯は使っていません。そのかわり、ごま油の風味が効いていて、とっても美味でした。

あまりに美味しいので、旦那さまはお金を握りしめて、再度キムチと海苔巻きを買いに行きました。その時には、奥さんと旦那さんがいたそうで、「美味しいのでまた買いに来ました」との言葉にご夫婦でにこにこしていたとか。仙台からもこの味を求めて買いに来る方もいるそうです。

味噌、レストラン、ROYCE’ の他にも、この道の駅に来る理由が増えました。

世の中には、美味しいものがたくさんあるものです。